漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

癌の患者さんに知ってほしいこと(顧問医 高橋)

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。
末期ガンを克服したい人に教えたい5つの例

 

 

癌の患者さんに知ってほしいこと(顧問医 高橋)

現在のがん治療は、抗がん剤、手術、放射線等が主流です。

その目的は、「癌細胞がどれだけ小さくなったのか? 何日間生存できたのか?」ということに重点を置いています。

よって個々の患者自身のQuality Of Life (どれだけ元気に人生を有意義に過ごしているか) を十分に考えることまでは困難な状況です。

私は、今までがん治療をしていて、その三大治療法の副作用で疲れ果てた患者さんをよくみます。

在宅医療の現場でも「がんの治療はとても辛くてもう疲れたから早くあの世に行きたい」とおっしゃる患者さんも中にはいます。

確かに、抗がん剤をはじめとする手術や放射線治療は身体にとても負担のかかる侵襲的治療法で 気力、体力、食欲があり、家族の支えも十分あるうちはいいのですが、長い間がん治療を続けていると限界に至る患者さんが数多くおられます。

私は単に生きているだけでは仕方がないと思いますし、健康だけでなく、健康プラス楽しさがとても大切だと感じます。

友達や家族の中で過ごしたり、趣味やボランティアをしたり、笑ったり、楽しんだり、感動したり、そういう環境作りを医療側が提案する事も大切ではないだろうか?と思うのです。 私が今見ている食道がんの患者さんで、他の病院で余命2カ月と宣告された方がいます。

当院に来た時余命1カ月で食道ががん細胞でふさがれており、口からの食事ができないため胃にチューブを取り付けてそこから栄養液を入れている状態でした。この方は、緩和ケアとして温熱療法を希望されました。

痛みもあるでしょう、身体もきついでしょうし、精神的にも辛いと思います。
しかし、温熱療法をすると顔色がピンクに変わり、生気が出て表情が変わってくるのです。

もちろんこの方も、浮き沈みはありますが琉球温熱療法を当院でしている時は、いつも気持ちよく、温熱ベッドの上で眠られるのです。

そして当初痛みの強かった肋骨の転移部も大分和らいできたようです。 私はこの温熱療法が癌の末期の患者さんにとても貢献出来ていると確信しています。また、この方はビタミンC点滴とチューブからのビタミンC摂取の併用療法を行っており最近では体重が増え、元気が出てきたため早くチューブを抜いて皆と同じ食事がしたいというほど前向きになっています。

また榎屋相談薬舗さん(相談堂さん)の癌や腹水に対する漢方のアプローチを見て、漢方療法をつるかめクリニックでも取り入れることにいたしました。

伝統のある漢方薬や、機能性成分を持った食品材料、民間薬なども、その栄養成分も含み、かつ様々な生体に活性を与え、新陳代謝機能を向上させる有用成分が含まれています。

そのため単に、栄養状態を良くするだけでなく、漢方薬等やその有用成分が生体の自己治癒力を高め、治ろうとする回路が働くお手伝いをすると考えています。

代表的な例は、食用キノコに含まれる多糖体が免疫機能を高めたり、薬用人参に含まれるサポニンが身体を温める作用があり、血行を促進しホルモン活性を高めたりします。抗炎症作用もあれば痛みをとる鎮痛剤的な生薬もあります。

もちろん栄養学を忘れていけません。

人体に自然治癒力を出す上での栄養の補給をしていく必要があるのです。
現在、がん患者さんのかなりの割合の方が医療機関に隠れてサプリメント等を服用されていると思います。

然しながら、高額な商品も多く、その商品が本当にがん患者さんに有効なのか?の判定が患者さん側にとってとても判断が難しいと思います。 私は医師としてその判断の手助けにはなれるとは考えています。

そう悩まれている、がん患者さんのご家族も含め、遠方で来院が難しい患者さんの場合は、相談堂さんと一緒になって、メールにて、現在の治療と患者さんの症状にあった漢方やサプリメントなどの相談と提案も行っています。 ぜひご気軽にお問い合わせしてみてください。

がんという病気は難しい病気です。なった人でないと感じることができない辛さがあります。

そのため、患者さん自身のQOLを第一に考えさまざまなアプローチを提案し、その方に合ったベストな方法を決して押しつけることなく行ってゆくことが大切であると考えます。
そしてつるかめクリニックが、皆様の闘病生活のお役にたてることを願っています。

 

相談堂提携医 高橋正樹医師へのご相談はつるかめクリニックへ直接ご来店にてご相談下さいませ。 つるかめクリニックの詳細はこちら

戻る このページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談をお受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。
北九州市小倉北区
室町 2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/093-563-6600

受付は10時より
福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。 福岡市、地下鉄博多駅⇒(約7分)赤坂駅で下車し、徒歩1分

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/093-563-6600

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。

福岡オフィス詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,