漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

肝硬変による腹水の症状と治療方法。漢方薬のご相談

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

相談堂では数多くの肝硬変による腹水を心配される方、また肝硬変によって腹水を患ってしまった方からの漢方薬のご相談を多数頂いております。 本ページでは肝硬変に対する漢方薬の考え方や対処法を記載しております。

 

肝硬変の患者様の症状

 

私はたちは日々「肝硬変」を患った患者様やご家族からのご相談をお受けしておりますが、 皆さんがおっしゃることは、

「腹水が溜まる前から、しっかりと対策をしておけば良かった…」

「肝硬変と診断された時点で対策しておけば、今のように苦しまなくても済んだかもしれないのに…」 (進行遅らせることができたのに・・・)

という言葉です。

このような言葉を日々耳にしているからこそ、「早めの対策」の必要性を強く感じます。

肝硬変には「初期〜末期」までありますが、訴える不快症状も様々です。

  • 身体がだるく、疲れやすい
  • 腹部や脇腹が張って、常に重苦しい
  • 熱っぽさを感じる(時折、「寒気」も感じることがある)
  • 手足などにむくみを感じ始める
  • 胃がムカムカして、食欲がない
  • 軟便、下痢っぽさが続く(時折、便秘することもある)
  • 血流が低下し、どす黒い顔、痔などが気になる
  • 皮膚がカサカサし、まれにカユミも感じる
  • 正座やあぐら、足を組む、などの姿勢ですぐに足のしびれが出る
  • 手の平の赤みが気になる 等。

肝硬変は症状に対する悩みの声というよりも『病状進行による今後の不安の声』の方が深刻なものと受け止められます。

多くの方は下記の様な不安を抱えているようです。

  • 静脈瘤を生じて、吐血したらどうなるのだろう・・・
  • 腹水が出始めたら余命宣告?もう手遅れなのだろうか・・・
  • 肝臓癌への移行を食い止めておきたい・・・
  • 対策として病院での治療だけで大丈夫なのだろうか・・・
  • 今、どのような事(食事面、生活面など)に気をつけたらよいのだろうか・・・等

話をお伺いするにつれ、とても深刻で切実なことが伝わってきます・・・。

 

相談堂へは腹水を患う前、患ってしまった場合、双方から漢方薬のご相談を頂いております。

どちらの方にも手立てはございます。ご不安・お悩みの方はどうか最後までご拝読頂ければ幸いです。

 

 

肝硬変は完治しない(肝硬変の問題点)

 

肝硬変の最大の問題点は、基本的に「完治はしない」ことです。

肝臓は少しの細胞がこわれても再生する機能がありますが、肝硬変は肝臓の細胞が壊れすぎて硬くなり、肝臓が機能しなくなり、ついには死にいたる病気なのです。

肝硬変が引き起こす疾患例

  • 肝不全による黄疸
  • 血液中のアルブミンが低下することによって、血液中の水分が血管外に漏れやすくなり、腹水が溜まる。
  • 肝臓の解毒力が低下して血液中のアンモニアが増えることで肝性脳症や昏睡
  • 肝臓内血流の低下によって食道静脈瘤
  • ※食道静脈瘤が破裂すると大出血が起き、その出血で死にいたるケースもあります。
  • 肝硬変が進行すれば、腫瘍の発生(肝臓癌)になる可能性が高くなります。

 

そこで、肝硬変で薬物代謝や回復力が弱っている状態で、抗がん剤や薬物治療をすると、さらに肝臓への負担が増えるという状況に陥ることもあります。

肝硬変は、このように怖い病気なのですが、肝硬変に対しての治療薬はあるのか?と申しますと、直接的な治療薬としては、ほぼ存在しないともいえるかもしれません。

いったん繊維化した肝臓細胞は元に戻るはずもなく、とても困難な状況に陥ります。

そうなると最後は肝臓移植しか方法がないとなるのですが、肝臓移植となると肝臓を提供してくれるドナー(提供者)を探す必要があり、移植でお互いの身体に負担をかけてしまうという事も考えなければなりません。

また免疫抑制剤を服用する必要があり、免疫を抑制していくため、癌や感染症、その他免疫と関係する病気に対して抵抗力が弱くなる可能性があります。

 

肝硬変による腹水や末期症状になる前に対策

 

肝硬変が進み、腹水などの症状が出てくると、さらに困難な状況(末期症状)になることも考えられます。

有効な対策が思うようにいかず、余命宣告となるケースも少なくありません。

ある意味、腹水の発生をさせない事が大きなポイントの一つです。

現状の医療現場での肝硬変の治療においては、

  • 胆汁の流れを良くする
  • 利尿剤で排尿を促す
  • 栄養素を摂取する

などの対症的治療を行っているのが現状です。

(この対症療法はとても重要な対策でもあります。)

ですが対症的治療だけではなく、根本原因を考えた対策も重要です。

肝硬変の特徴的な症状として、【腹水・黄疸・静脈瘤・肝性脳症】などがありますが、これらの症状が生じるメカニズムをじっくりと考えてみると根本的な対策法が見えてきます。

 

病院での治療と漢方による根本対策を併用

 

そこで、「病院での治療」と「漢方による根本的な対策」とを併用することで、今感じている不快症状を抑えながら、且つ、肝硬変の進行を遅らせ、末期症状に陥らないように抑制することもできるのではないかと考えたのです。

現在、当相談堂では多くの肝硬変の方に、ご自身で出来る漢方での対策をご提案しております。

随時、「血液検査数値」「不快症状」「体質」などのお話をお聞かせ頂き、状況を確認しながら漢方の継続をしていただいており、予想以上の良好な結果を得ています。
 
肝硬変を完治することは、確かに非常に厳しいでしょう。

ただし、進行を遅らせて「腹水・黄疸…etc」などの発症を予防する方法はあるのだとつくづく感じております。

1人でも多くの肝硬変の方に、この方法をお伝えできればと思っています。

 

肝硬変や腹水の対策を漢方でどう考えるか?

 

多くの患者様を見てきたからこそ思うことは、肝硬変になったら、悪化、進行の予防が一番大切だということです。

そのためには、

頑張って残っている肝臓機能を助け、残った肝臓細胞の負担を減らし、肝臓に良い栄養分を与え、肝臓ができるだけ円滑に機能するような肝臓内環境を整えることが大切です。

悪化、進行の予防に心がけ、繊維化していない残った肝臓細胞が元気でいると、正常に戻るとはいえませんが、生き残った肝臓細胞の範囲内で肝臓機能を維持することができるのでは、と考えます。

また腹水や黄疸等の予防も、末期症状へ進行する事を未然に防ぐ事は十分に可能だと思われるのです。

肝硬変という病気は変わらない。

しかし、不快症状の改善や軽減は出来ないことはない。

今持っている『肝硬変』という病気を認識して出来るだけ上手に病気と付き合っていくというのが肝硬変との付き合い方です。

その考え方は(薬膳)薬食同源や医食同源にもつながります。

病気を治すのも食事をするのも、生命を養い、健康を保つためで、その本質は同じだということです。

生命を養うこと、健康を保つこと

この大きな役目として『漢方』があるのだと考えます。

肝硬変の漢方的な対策

肝硬変の原因や体質から考える具体的な肝硬変の漢方的な対策は、基本的には以下のようになります。

  • 肝臓内、並びに臓器全体の血液の流れが悪くなっている可能性があるので「血流の向上」「血液の質の悪化抑制」を行う漢方によって【腹水・静脈瘤などの予防につなげる】
  • 体内の炎症による、腹水傾向の助長や肝細胞の免疫低下を防ぐために「炎症の抑制」を行う漢方によって【腹水・静脈瘤などの予防、癌への移行を抑えることにつなげる】
  • 残っている「正常な肝細胞」の活性を向上させ、肝機能維持をはかるための 「肝細胞の必須栄養素群の摂取」を行う事によって【黄疸・腹水などの予防】
  • タンパク代謝を安定させて、かつ、体内の老廃物を十分に排除させるために「正常な排尿・排便の維持」をはかる漢方によって【肝性脳症・腹水などの予防】

上記の4つを、同時に行うことが不可欠だと考えています。

そしてその結果、多くの「うれしいご報告」も頂いています。

 

参考実例(肝硬変から腹水へ進行した方)

 

肝硬変が悪化し、腹水を患ってしまった方に対して、漢方のご提案を行わせて頂き、実際に服用を続けていただいた方の感想の一例です。

「疲労感、倦怠感が軽くなってきた」

「妙な熱っぽさが無くなった」

「むくみが消えた」

「食欲がわいてきた」

「下痢ではない良い便に変わってきた」

「皮膚症状・かゆみが楽になった」

「悪化傾向が進んでいた血液検査数値が安定してきた」・・・etc

実際に早い方で15日間くらいで不快症状が消失したという方もいらっしゃいます。

「血液検査数値の安定」までには、もちろん時間を要しますが・・・。

(ただ、「服用開始時の病状」や「生活環境」によっては、期待する結果は得られなかった例もあります。少しでも早めの対策が望ましいことは言うまでもありません。)

私たちは、今までご提案させて頂いた『漢方による対策』の経験をふまえ、声を大にして皆さんにこう伝えたいのです。

「今からでも遅くはありません!腹水が溜まる前に、つらい症状が生じる前に、早めに対策をされてください!」

 

肝炎・肝硬変などの症例(事例)

 

兵庫県 70歳 女性

2013年9月より 弊社 肝硬変改善処方 漢方を服用開始

「初めてのご相談内容」
1年間舌のヘルペスウイルスが消えず、 足が浮腫み、C型肝炎からの肝硬変と病院で診断された。高血圧、甲状腺疾患があり、微熱も有る状況。H13年 インターフェロンを開始したが あまり効果が感じられなかったため中止。まだ元気はあるが足が浮腫んで引っ込んででてこない。


黄疸の数値 T-BILL 1.32H

黄疸の数値が少し高いので処方(毎月の予算約1万7千円)をし継続して頂いた。

 2014年12月26日(水) お電話にて
エコーをとったところ、Drから治療、薬なしでいいと言われたそうです。
採血の結果も今の所良いそうです。
C型肝炎ウイルスの値 HCVはあるがF4→F2に下がったとのこと。
※(C型肝炎はF1からF4までに分類されます。F1は軽い肝炎、F2はある程度進行した肝炎、F3は肝硬変の手前の肝 炎、F4は肝硬変です)

相談堂の想い
結果から今の状態では、肝硬変になるのに15年くらいはかかるので安心して良いですよ。そのためインターフェロンはいらないとのことです。との医師からの診断のようで した。
また昔は心臓が悪かったそうですが、今は全く悪くはないそうです。
ANさまからわざわざ電話で伝えたいとの感謝の言葉と漢方は飲み続けていきたいとお言葉をいただいきました。 又、ご家族さまから 「お母さん、漢方が効いたんやわ!」 と言われたそうです^^ 。 「いつも感謝してます。」 との嬉しいご報告でした。

大阪府 M様 65歳男性 肝硬変〜腹水

血液データのALB、CHEの数値低下。

腹水によるお腹の張り、顔と下半身の浮腫。
また少し動くだけで倦怠感が酷いご状態。
漢方薬の服用をはじめて約3週間で、ALB、CHEの数値の上昇した。
服用前では数値の変化は一切なかったとの事。

腹水の貯留量の軽減によりお腹の張り、浮腫の軽減。

またお身体の倦怠感が軽減されてきた。

 

肝炎・肝硬変などの肝臓病の患者様からのお便り

 

肝硬変 66歳  女性

いつも有難うございます。
漢方薬を服用して、約3ヶ月になりますが、お陰さまで、体の疲れ、胃の不快感、むくみが全くなくなりました。本当にありがとうございます。
肝硬変は、治る病気ではない事は十分理解しています。今は、進行を少しでも遅らせる事が一番の目的です。
今後も、肝硬変を進行させない為に頑張って漢方薬を服用していきますので、今後も宜しくお願い致します。

肝硬変 77歳 男性

お世話になります。
採血の結果が出ましたのでご報告致します。
今回は、期待していた通り数値がよくなっていました。

●GOT前回128→今回68
●GPT前回67→今回48
●γ-GTP前回382→今回128
●ALP前回864→今回482
●CRP定量前回2.8→今回0.9
と数値が部分的にですが、よい方向に向かっています。

お陰さまで、父も食事が摂れるようになり、
元気を取り戻すこともできました。
本当にありがとうございます。

※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

 

末期の肝硬変になり余命を宣告された場合に手立ては有るか

 

それでは、肝硬変が進行し、遂には末期になってしまった方。

余命を宣告されてしまった方に残された手立ては有るのでしょうか。

西洋医学(病院治療)でも末期になってしまった場合、出来る治療や対策は限らてきます。

特に注意が必要な点が、「癌」「腹水・胸水」「黄疸」「食道静脈瘤」「肝性脳症」「腎不全」などの疾患を伴います。

その中でも、「癌」「腹水・胸水の貯留」は最も注意が必要とされています。

一般的に肝硬変は必ずや進行するものとされていますが、東洋医学(漢方薬)では、肝硬変が進行する根本の原因を捉え、対策を行っていきます。

主には、末期の患者様でも、数値の維持に加え、肝硬変に伴う不快症状の軽減緩和や肝硬変の進行に伴う、疾患の予防や対策も同時に行っていきます。

末期の肝硬変の患者様の場合はこのような対策を考えて対処を行っていきます。

  • 肝細胞の免疫力向上
  • 肝細胞の再生反応の活性化
  • 肝細胞の再生材料摂取
  • 肝臓内血流量の増加
  • 肝細胞への負担要素の排除

これらを組み合わせることで、それぞれの異なる働きが 相乗効果を生み、『肝硬変のさらなる進行の抑制』『腹水・黄疸の予防』へと導きます。

 

肝硬変が進行して腹水になってしまったら

 

腹水になる前の対策が本当に重要ではあるのですが、肝硬変が悪化しとうとう腹水を患ってしまったという患者様からのご相談も多く頂いております。

腹水が溜まってしまうと、苦しく食事もとれずに体力と栄養状態が低下していきます。

病院では利尿剤・アルブミン点滴・腹膜穿刺などの治療が中心となりますが、対処療法で一時的に良くなってもまたすぐに腹水が溜まってしまうという状況に陥る方が非常に多いのが実情です。

ですが、肝硬変から腹水を患ってしまった場合でも腹水の漢方対策はございます。

これもやはり、腹水になってしまう根本原因を見据えた上で対処を行うことが重要です。

腹水を患ってしまった方、特に不安が大きいかと思います。

当相談堂では同じような方から多くご相談いただいております。

お一人で悩まず一度ご相談ください。

 

肝臓病によい食品

 

肝臓病は食生活を改善するだけでも、機能向上が期待できます。

あっさりとした食事を中心とし、低脂肪・高タンパクの食事を目指しましょう。

大豆や小豆・穀物類を中心に、新鮮な野菜やクルミなどが肝臓病にいいと言われています。

黒ゴマはミネラルやビタミン、タンパク質が多く含まれる事で知られているが、セサミンなどの有効成分により、肝臓の働きを助けるだけでなく高い抗酸化作用も期待されます。

ショウガは殺菌効果があり体を温めることから、新陳代謝を促し、血中コレステロールを減少させると言われています。

脂肪分のおおい部位の肉は避けることは前提ですが、肉類はすべてNGというわけでありません。

レバーに含まれた成分は、肝臓病の予防・治療に効果的な働きをすると言われています。

牡蠣やしじみは、タウリンやアルギン酸などのタンパク質や鉄分、ビタミンを豊富に含む。

そのため肝機能を強化したり、貧血を防いだりするのに最適な食品といわれています。

 

漢方カウンセラー岡田

 

岡田 貴之(おかだ たかゆき)
相談堂 漢方相談部 統括本部長
NPO統合医療普及協会会員認定実践指導士
はじめまして、相談堂漢方カウンセラーの岡田です。

肝硬変は腹水の原因疾患の1つでもあり、また、対処が非常に難しい病でもあります。肝硬変への対処のポイントは早めに対策を施し、悪化・進行を予防する事です。

肝硬変を理解し、いかに付き合っていくか、漢方でいかに対処していくか。

また、腹水に進行してしまった方は本当に不安かと思います。

肝硬変による腹水の患者様も多くご相談いただいておりますので、きっとお役に立てるかと思います。お一人で悩まずご相談ください。

 

ご相談は1日5名様限定で行っております

 

当相談堂では、血液検査データを拝見させて頂き、さらにお電話(ご予約制)もしくはメールにて状況を詳しくお伺いしております。

最大限の注意をはらい最適なご提案をさせていただきますので、お一人お一人の相談に多くの時間をかけます。

その中でもできるだけ多くの患者様のご相談を伺うよう勤めておりますが、それでも多くて1日5名が限度となります。

お早目のご相談をご希望の方はお電話にてご予約下さいませ。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
私たちでよろしかったらお力になれると思います。ぜひ一度ご相談されてみてください。



yoyaku



腹水の漢方相談【メール無料相談】
戻るこのページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談をお受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。
北九州市小倉北区
室町 2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/093-563-6600

受付は10時より
福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。 福岡市、地下鉄博多駅⇒(約7分)赤坂駅で下車し、徒歩1分

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/093-563-6600

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。

福岡オフィス詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7
10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,