まずは一度専門スタッフにお気軽にご相談ください。

  • Call:0120410938
  • 無料相談・来店予約

漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

末期癌に効く漢方薬というものはあるのか?漢方薬剤師の相談堂

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

末期ガンを克服したい人に教えたい5つの例

千葉県松戸市の腫瘍漢方内科、ホロス松戸クリニック院長 医師 村上信行 先生。関東近辺の方は往診してくださいます。

100人中、約70人の方々から喜びの声を頂いています。

福岡県北九州市の漢方薬鋪の相談堂では年間4000件以上のがんのお悩みの方からの漢方相談を受けています。しかし漢方といっても様々な種類があり、一体どれが正しいのだろう?とガン患者さんの、ご家族はお悩みになると思います。


「がんに効く漢方薬はあるのか?」という質問をよく受けます。実際には、癌に効く漢方薬というより、抗癌治療の結果【気力、食欲、体力と免疫力を低下させ、がんを進行させていく】要因を減らしてあげ気力、食欲、体力を守ることにより、結果、中期〜末期がんでも体調を取り戻していき、抗癌治療と併用して、がんを克服した患者さんが増えているということが私ども相談堂の患者様の大半です。


全国よりがんで苦しんでおられる患者様の電話およびメール相談を受け付けております。尚、東京都、大阪府、福岡県の方は直接、代表の薬剤師 中尾典義が訪問漢方相談も可能です。交通費は実費でいただきますので、癌治療で、てこずっている患者様、ご家族は情報収集に相談堂までお問い合わせください。

 

患者様の声や症例を、ご希望の方へメールにて無料配布しております。

 

はじめに(私自身のがん体験談)

 

漢方薬舗 相談堂 代表 薬剤師 中尾典義

岡山大学薬学部製薬学科卒業
岡山大学大学院 合成薬品製造学教室 修士課程修了
吉富製薬(現在 田辺三菱製薬)東京研究所の創薬部門の研究員として従事
多発性硬化症治療薬 イムセラの創薬研究を行う
退職後、漢方調剤薬局、大手病院の薬剤師を経て、独立
榎屋相談薬舗株式会社の代表 薬剤師となる。
漢方健康回復相談受付歴22年 現在51才  
元製薬会社研究員として、古方の漢方でなく、現代流に漢方処方を作り替え、的確に患者さんの状況に合う漢方を考えています。

■薬剤師免許書

 

皆さま、このホームページを見ていただきまして、ありがとうございます私も父を大腸がん、前立腺がん、肺がんの複合癌および、その抗がん治療の結果、衰弱死して亡くなりました。

 

私の漢方薬などで、前立腺がんは石灰化しましたが、末期の大腸がん、肺がんの手術、抗がん剤などの治療で衰弱して戻らないところまで行ってしまった父をみて、その治療は適切なのか?と疑問に今でも思っています。

 

私の父は頑固親父で現代医学しか信じず、最後の最後になって医師から余命宣告3ヶ月をされました。そこから私の処方の漢方を飲むようになりましたが結果的には厳しい状況となりました。

 

そのため父のような状況でも、その状況を避ける意味でも最善の情報をがん患者さんへ伝えたいと思っております。

 

また私自身も直径4cmの耳下腺腫瘍の手術をし、手術後の再発予防のため自身の漢方薬で体調を取り戻し、5年経過した今は再発もなく、病気もせずに、非常に良い状態です。

 

病院には一切行っていないので克服していると思いますが自分処方の漢方は続けています。そのためにも疲れや病気も一切なしで、元気に仕事をこなして患者さんのご相談にのっています。

榎屋相談薬舗(株)相談堂 薬剤師 中尾典義

 

現在のがん治療の副作用と付き合い方

 

がん切除手術

通常はがんの病巣だけを切りとるのではなく、一定範囲の周りの正常組織も含めて切除します。 がんの部位を完全に切除できれば体内から癌を消すことができます。

 

しかしすでに全身に転移している場合や、がん細胞と他の臓器が癒着していて手術をすることで 生命の危険性の高い場合は、一部のみを切除になるので、その分再発転移の可能性が高くなります。

 

また身体にメスをいれるため傷や体力や免疫力の回復に時間がかかるという事がデメリットです。そのため術前、術後にも体力保全や回復力を増す漢方薬類の服用をお勧めしています。

 

放射線治療

放射線を用いて、癌細胞内の遺伝子にダメージを与え、がん細胞を破壊します。しかしながら放射線によって、正常細胞も同様にダメージを受けますが、がん細胞とは異なり自分自身で修復することができます。

 

問題点として癌細胞も抵抗性を持っているため、がん細胞全部に効果があるわけでなく、正常細胞も傷つきますので、体力や自然治癒力が低下している場合は、なかなか回復しにくい場合があります。

 

一種の火傷なので火傷に対しての漢方処方を併用すると回復力が増しますので併用がおススメです。

 

抗がん剤治療

抗がん剤は約100種類もあり、その組み合わせによるカクテル療法などもあり、現在主力の治療法ですが、非常に副作用が高い危険性もあります。またがん患者さんのがん細胞にも種類があり、それに応じて効く、効かないがあります。

 

分子標的薬やオプジーボなどを除き、抗がん剤は癌細胞に特異的に効くというわけではなく、癌細胞は非常に分裂する速度が早いので、それに注目して分裂する細胞に対して毒性を働くという物です。

 

そのために分裂増殖する細胞である髪の毛、爪、胃腸の細胞、白血球、赤血球が脱メージを受けると言うわけです。決して「癌細胞だけに」働くというわけではありません。それが副作用の原因です。

 

今の抗がん剤が有効なのか、合っているのかは主治医やセカンドオピニオンとよく話されたほうがいいと思います。

 

副作用によって下痢や吐き気、食欲不振や貧血、白血球(免疫細胞)の低下により体調不良になります。そのため抗がん剤の副作用から身を守る漢方や栄養食品の併用がおススメです。

 

がん免疫療法治療薬 オプジーボやリンパ免疫療法について

 

近年、新しい抗がん剤として免疫活性化する方法としてオプジーボが出来ましたしかしながら医療保険を使っても1月分は1割負担なら30万円、3割負担なら90万円を、通常の治療費にプラスされます。

 

リンパ免疫療法も1クール100万円以上〜で、ある程度改善するまで数クールで数百万円する場合がほとんどです。

 

そのために何パーセントの割合で癌がどれくらい改善するか、治療実績を医師にお尋ねになったほうがいいと思われます。

 

副作用としてオブジーボは、めまい、動悸、脈拍の異常、意識の低下、リンパ免疫療法は発熱などがあります。

 

 

がんに効くと宣伝されている健康食品や成分について

 

がんに効くと宣伝されているものをネット上や雑誌などでよく見ます。癌治療補助の専門の薬剤師として言えるのは

『本当に根拠があるのか?』

『どのようにして癌細胞に効くのか?』

『そのがん治療の成績はどのくらいか?』

『その費用は妥当なものなのか?』

『現在の治療と併用していいのか、悪いのか?』

 

これらをしっかり自身で見極められるか、それとも『専門家に相談したほうがいいのか?』が重要です。

 

薬剤師としては薬草から薬の成分ができたり、漢方薬となったように、機能食品成分の中にも 薬学的働きをする有用成分はありますし、実際に研究されているものもあります。

そのため、がんの治療補助に有用性は高いものもあるので、私も実際お勧めしています。

 

然しながら、生薬のようにどのように働くかという性格があります。その性格が、がん患者さんの状態に、今必要なのか?合うのか?という問題があります。

 

わかりやすく言えば、サッカーで攻撃選手のFWもいれば、それをサポートするMFもいるし、敵の攻撃から守るDFもいますし、最後の砦のGKもいます。

 

つまりガン細胞を叩くための免疫力を高める攻撃型やそれを助ける中間型、抗がん剤などのダメージから守るタイプ、もうこれ以上出来ることはない、もうだめだ〜という時に使われるタイプなど様々な役割の漢方や生薬などがあるのです。そこの見分けが私たち専門家が果たすところです。

 

しかし医師や調剤薬局勤務の薬剤師、看護師にお尋ねになっても、健康食品や成分について学校の授業で習わないですし、そのような見方をされてないので、否定的な医師、薬剤師、看護師が大半です。そのため患者さんやご家族がガッカリすることを、たくさん見てきました。

 

お尋ねになるなら漢方や機能性食品等を取り扱っており、かつ勉強熱心な漢方薬剤師、漢方を勉強している専門的な登録販売者の方に聞くほうがいいと思います。

 

しかしながらWEB上で良く宣伝しているものは、アフィリエイトなど広告で癌患者さんご家族に販売目的でやっている専門家でない商品が多いので注意が必要です。特に宣伝上手なところが大半ではないでしょうか?


宣伝上手な業者が多いため健康食品、サプリメントについては注意が必要です。厚生労働省の健康食品についての説明はこちらです。

 

がんに効く漢方薬はあるのか?

 

よく、がん治療の補助に使われる漢方薬として十全大補湯、補中益気湯、人参養栄湯などがあります。

 

論文はこちらです。
これらの主剤は薬用人参で、滋養強壮作用があります。そのためがん治療の副作用からのダメージからの回復に有用と言われています。一般的にいわゆるエキス剤よりも煎じ薬の方が効果がありますが飲みにくいのが難点です。

 

あまり有効性を感じなっかったという方もおられるのではないでしょうか?漢方薬剤師として、抗がん生薬とお勧めできるのは以下になると思います。

 

白花蛇舌(論文)

薬用人参  大学の研究

キノコ抽出物 論文

他にもサルノコシカケなどのも有名です。いずれにしてもその漢方の役割と戦力を知って組合せが重要です。

【注意】癌や腹水患者様など、深刻な病でお悩みの方は、ネット上の情報だけを頼りに自分で独断で通販で購入するのは、あまりオススメできません。やはり腕や見立てなどで問題がありますが薬剤師や専門家へ必ず相談するほうがベターだということをお伝えいたします。

 

癌患者さんの苦しみをどのように対処してあげるのか?

 

がん患者さんは痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、貧血、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感など不安を抱えています。

 

その体調不良の課題を血液データや現在の服用薬、過去の病歴などを拝見して漢方などで解決するようにしていきます。痛みに関しては、その痛みが炎症や血行不良による重い痛みや神経細胞のダメージですのでそこの課題を漢方で解決するようにします。

 

食欲低下、吐き気、下痢などは乳酸菌などと一緒に胃腸虚弱を治す漢方薬もありますし同様に息苦しさ、体調不良を改善する滋養強壮作用や栄養補助を組み合わせると非常に効果的です。

 

それとともに、病院の治療のダメージを防いであげることも考えていきます。体調が良くなれば、がん患者さんが治っていきそうだという事を実感し、未来や希望が持てますので、気分の落ち込みや不安感も次第に消えていきます。

 

お分かりのように、癌にこの健康食品やこの漢方薬が効くという単純なものでなく、がん患者さんの悩みや現在の治療状態、体調に合わせて、組み合わせ方を変える必要があります。

まとめ(癌患者さんを持ったご家族へ)

現在、癌治療に関しても様々な方法があり、それに応じて様々な専門家もおり、意見が分かれており、情報も非常に氾濫して、どれが本当にいいのか、頭の中の交通整理をするのが非常に困難だと思われます。

 

その為、この度、東京近隣の千葉県松戸市の腫瘍漢方内科 ホロス松戸クリニックの村上信行医師が弊社の漢方処方を処方してくださることになり、関東近辺の方は直接、村上医師がセカンドオピニオンや弊社の漢方を処方してくださるようになったので、関東の方は是非ホロス松戸クリニックへ受診されてみてください。

 

来院が困難な方は訪問診療(往診)も実費でしてくださるそうです。ぜひ一度ホロス松戸クリニックにお問い合わせください。予約制

腫瘍漢方内科 ホロス松戸クリニック

 

癌の漢方治療補助にたずさわる漢方薬剤師としての考えと過去の経験上知りえた知識や情報などを客観性をもってまとめさせていただいています。

 

 

 


癌治療補助の漢方に関してや、今後の対策などのお悩みの方には、電話相談がお奨めです

相談堂では、血液検査データなどのデータ類、服用薬などの情報を拝見させて頂き、さらにお電話(ご予約制)もしくはメールにて状況を詳しくお伺いしております。

 

尚、代表の漢方薬剤師 中尾 典義は月に1回、東京、大阪に出張していますので、ご自宅へ訪問して漢方相談も可能です。(実費いただきます)福岡県の方は随時お申し込みください。

 

最大限の注意をはらい最適なご提案をさせて頂きますので、お一人お一人の相談に多くの時間をかけます。できるだけ伝わる情報量が多い電話相談をお奨めします。

 

※血液検査データは必須ではありませんが、「より詳しく正確な状態や対処法を聞きたい。」という方は、ご用意される事をオススメ致します。


 
癌の漢方相談【メール無料相談】

ご返信目安:約3営業日以内

 

記事監修:薬剤師 中尾典義
福岡県行橋市昭和43年生まれ、岡山大学大学院修士課程終了 薬剤師免許取得。(現田辺三菱製薬)吉富製薬(株)東京研究所研究員として免疫抑制剤の開発研究に従事。その後、漢方調剤薬局や病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業(薬局)を継ぎ榎屋相談薬舗(株)を設立。現在では漢方薬メーカーや市民講座の講師などもしながら(社)日本漢方連盟 漢方委員など多方面で活躍。趣味:不老長寿の魔漢方探し。

ホロス松戸クリニック院長:村上 信行
北海道、函館生まれ。昭和53年3月 東京医科大学 卒業。昭和62年10月医療法人木村病院 勤務。平成1年10月 東京医科大学 客員講師。平成10年3月ホロス松戸クリニック開設。漢方栄養医取得。漢方医として病気の治療を行う。主に癌や腹水、肝硬変等、難病の漢方治療を得意とする。現代医学と東洋医療の融合である統合医療を行う医師。

 

 

戻る このページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今 までの新規ご相談累計数

non object




■ 相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

北九州市JR西小倉駅から1分の駅前です。相談堂で様々な健康回復相談ができます。まずはお電話でご予約ください。

【ご相談は要予約制】

医薬品販売許可 
許可番号 第60273号
 


北九州市小倉北区
室町2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号 0120-589-314

■Fax番号 093-563-6633


受付は10時より

福岡オフィスは、漢方薬舗でなく、コワーキングスペースにデスクを間借りしています。ここは代表 薬剤師の中尾が完全予約の上、有料で難病の回復相談が可能です。

ご相談は1時間が目安です。

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

福岡オフィスへご来店をご希望の方はこちらを御覧ください。

福岡オフィス詳細はこちら


【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/0120-589-314



≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいま せ。

福岡オフィス 詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年福岡県行橋市に相談薬局として開局。北九州地区一番の老舗漢方相談薬舗です。温かいスタッフと丁寧な説明をします。

・癌や腹水など病の回復に
・婦人病や不妊症など
・漢方ダイエット相談
・様々なお肌のトラブル
・神経痛や様々な痛みに
・訪問看護

医薬品販売許可 
許可番号 第13500017号

 

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
榎屋さんの和漢さぷり公式通販サイト
ペットの病気と漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,