不妊・妊娠するには漢方の力で体質改善からの治療を

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
不妊・子宝のご相談

「相談堂」に相談される不妊の患者さんが、つぶやかれた一言です。

私たちはこの言葉は心からの叫びだと思っています。不妊治療は、妊娠をするだけではなく、一人の女性としての自信回復にも繋がるのだと思っています。

このページがひとりでも多くの女性の自信に繋がってもらえれば幸いです。

専任スタッフが子宝相談をお受けします
の漢方相談【ご相談無料】

不妊に悩む人の声

このような不妊の症状の方が毎日のようにご相談して来られます。

周囲の人の「子供は?いつ作るの?」「早く孫の顔が見たい」等の軽い一言が、胸に突き刺さり、頭から離れない。

街中で、妊娠している人や友人の赤ちゃんや子供を見かける度に、複雑な気持ちになり、夫や両親に申し訳なく思ってしまう不妊症の患者さんが大半です。

「相談堂」にご相談に来るお客様の多くは、地元の婦人科や大手の総合病院で受けた問診や治療法、処方された薬が合わなかったり、治療法に疑問や不安を持ったり、不妊治療の効果をイマイチ感じられていない方がほとんどです。


不妊の本当の原因

不妊や不育症の方には共通する特徴があります。これらの特徴は、どれも女性にとってごく身近なものだと思います。不妊の原因は 大きく分けて次の 3つ が考えられます。

(1)血行が悪い

血行(血の巡り)は、身体の隅々に酸素や栄養を運び、不要な老廃物を排出する働きをします。 そのため血行が悪いだけで、私たちの体は様々な支障が出てしまいます。 特に女性の場合、冷え、のぼせ、むくみ、月経不順・月経痛・月経異常などの生理のお悩み、腰痛、肩こり、肌荒れ等、多岐に渡ります。

(2)ホルモンバランスが整っていない

女性ホルモンの分泌をコントロールするのは、脳の視床下部と下垂体と呼ばれる部分です。つまり、視床下部や下垂体が指令を出すことで、ホルモンが分泌されます。

排卵・月経・妊娠・更年期などは、ホルモンと深く関係しています
そのため、ホルモンバランスが崩れると、排卵が遅れたり無排卵であったり、月経が早まったり遅れたり、妊娠がしづらい状況がうまれます。

(3)ストレスで自律神経が乱れている

自律神経とは、自分ではコントロールできない自動的に働いている神経の事です。
精神、神経、内分泌、免疫など様々な機能の調整を行っています。内分泌は、ホルモン分泌と密接に関係しているため、女性検査では異常はないのに明らかに調子が悪いといった事が起こる場合もあります。

自律神経をコントロールしているのは、「視床下部」です。自律神経は、ストレスの影響をとても受けやすいため、環境の変化や精神的ストレス等で体調を崩すこともあります。女性は男性に比べ、ホルモンバランスの影響を受けやすい身体のつくりをしているので、自律神経の影響も、身体や精神にダイレクトに響いてしまいます。

妊娠・出産と農業の不思議な関係

農業を例にして考えると不妊が分かりやすくなります。
しっかりした作物(赤ちゃん)が育つには、次の条件が必要なのです。

不妊症の患者さんは実は「どの条件が当てはまらないか?」を考えるだけでいいのです。

不妊の患者さんの多くは、生理不順や健康トラブルを抱えている女性の場合がほとんどです。冷え性、生理不順、貧血、ホルモン不足、便秘、頭痛、お腹のトラブル、肥満など…

身体(畑)の状態が貧血や冷え症、栄養不足では、いつまでたっても体調が整わない(畑がやせたまま)ので、赤ちゃん(作物)が育つには厳しい環境となっているのが不妊の原因です。

そこに着目せずに、ピル等の医薬品(農薬)をとり入れると、本来の身体が整っていない(畑がやせたまま)ので、なかなかうまくいかない事も考えられます。

「一般的な治療だけが全てだ、安心だ」とはとても思えないと思います。

妊娠するには、まず『自分の身体にも愛情を持つこと』が大切です!

ご相談されたお客様の声

不妊治療に取り組む30代女性 Y様(東京都)

漢方を飲むようになってから、朝の顔のムクミは無くなりました。 スッキリしています。ニキビも顎周りに出来にくくなったと感じます。服用を始めたばかりの時は体が温まるのがとても良く解りました。現在は慣れてしまった為か普通になりました。

第二子の妊娠を目指す40歳の女性 Y様(新潟県)

ずっとこちらの漢方をのんで、妊娠を目指していましたが、この10月に第二子を出産することができました。ありがとうございました。漢方のおかげで、冷えない体質になったことが良かったのだと思います。妊娠中は、出血や切迫早産などいろいろなことがありました。今は無事出産できてほっとしています。

●大分県 31歳
中山さんへ こんにちは。
今回は相談ではなく、妊娠報告のメールです。
3月に処方していただいた”漢方”を約2ヶ月服用し先月末に顕微授精の凍結胚移植に臨みましたが、この度、無事に妊娠が確認出来ましたのでご報告です。
本当に嬉しいです!ありがとうございました!!
1月には2人目の子供を抱っこ出来ると思うと今から待ち遠しくて仕方ありません。
不妊で悩んでる方々が早めに漢方を服用し、子供を授かれる事を願っております。
お世話になりました。

●鹿児島県 34歳
27週3日でしたが、無事に女の子が生まれました!
1086gだったため、新生児センターに入院しています。2ヶ月くらい入院するそうです。
長く入院していたのと、漢方薬を続けていたからこそ無事に出産する事が出来たんだと思います。
本当にありがとうございました!!
出会えて良かったと、つくづく思います(*^_^*)
出産後の漢方薬も3ヶ月間飲みました。
卵管閉塞と言われた私が妊娠したのは漢方薬のおかげだと思っています。
3ヶ月間飲んで、すぐに妊娠したのには本当に驚きました。

●マレーシア Oさん
服用し始めてからの経過ですが、以前に比べて、だいぶ冷え性が良くなったように思います。
常夏の国ですので、普段はクーラーをつけて寝ているのですが家族と一緒ですので、寒くても消すわけにもいかず、私だけ靴下を履いて長袖長ズボンのパジャマを着て寝ていたのですが、それでも明け方は身体が冷えていました。この頃は靴下を履かずに寝ても冷えを感じなくなりました。
生理がお薬を飲み始める前と比べて、出血が多くなったように感じます。
これまで多い日は2日目だけだったのですが、今回は1日、2日、3日目まで多かったです。
生理が正式に始まる2日前(高温期)にも、軽い出血がありました。
基礎体温も、以前より高温期が長くなったと思います。

●神奈川県 37歳
実は、妊娠したようで検査薬で陽性反応が出ました。

●山口県 Kさん
年齢33歳目前のして「そろそろ妊娠を!」と考え始めました。基礎体温は測っており排卵があることは確認したものの、生理周期が長く(50日前後)排卵日の確認が難しい私は、最初から産婦人科の医師の下タイミングを計り、1度のチャレンジで妊娠したものの、5週目で完全流産となりました。次いで、卵胞を育てるための薬と排卵誘発剤を使ってのタイミング法にて再チャレンジするも化学流産となり、体質改善の必要性を痛感いたしました。
そこで頭に浮かんだものが、漢方薬でした。漢方薬店といえば「おどろおどろしい!?」イメージがあった中、インターネットで検索し相談しやすい雰囲気と婦人科系に強そうな貴店を選びました。早速、相談し漢方薬の周期方法を始めました。別段とりたてて体の変化は感じませんが3ヶ月間の服用ののち、スタッフの方のすすめもあり病院診断との併用をはじめたところ劇的な変化がありました。前回流産前と同様に卵胞を育てる薬を飲むと、医師も目を見張るほど卵胞が良く育ち、排卵誘発剤を使用しなくても自然に排卵するようになったのです。結果、妊娠。最初に妊娠を希望してからちょうど一年後のことでした。現在妊娠7ヶ月。漢方薬を続けており、おかげでつわりもなく健康そのもので快適な妊婦生活を送っています。

●福岡県 Oさん


不妊症を漢方で解決しよう

このような考えで不妊治療の漢方を提案しています。

◎子宮内活性のバランスをはかる (いよいよ最終段階の環境整備へ)

→生理各周期《月経期》《卵胞期》《排卵期》《黄体期》それぞれの働きが安定化します (基礎体温上の「低温期」と「高温期」を更に安定化させることが目的です。)

【月経期用の漢方薬】【卵胞期用の漢方薬】【排卵期用の漢方薬】【黄体期用の漢方薬】 それぞれに漢方薬を飲み分ける「漢方周期療法」が不妊体質改善の最終段階です。

※お客様の状態によっては西洋医学的治療との併用も考えられます

※子宮筋腫や子宮のトラブルがあれば、個別に対策が必要な場合もあります

※生理の各周期(月経期・卵胞期・排卵期・黄体期)はそれぞれ体内での働きが異なるため、期ごとに服用する漢方薬は異なることもあります。どの段階から始めることができるのかを見極めることが重要です。

不妊の漢方薬の服用前に知るべきこと

「生理周期ごとの子宮内の働き」について
不妊治療では、ただ単に漢方薬を飲めばいいというわけではありません。その時期、その体質にあった漢方薬が必要です。そのため少し生理周期ごとの子宮の動きについてご説明したいと思います。

生理周期

【月経期】
「月経期」とは不要な子宮粘膜や古い血液を体外に排出する大掃除の期間です。
この大掃除が十分に行われなければ、新しい良い状態の子宮粘膜は形成されないといわれています。

「月経期間が短い」や「経血量が少ない」などの状態は、「古い老廃物が残っている」「新しい子宮粘膜が十分に形成されない」という事を示しているといえます。

【卵胞期】
「卵胞期」は体温を低い状態にし、無駄なエネルギーを消費せず、エネルギーを高温期に向けて蓄積する期間です。

月経期で減った血液の量を回復する「充電期間」でもあります。

ただし、卵胞をすくすくと育てる時期でもありますので、体温が低すぎても良くないといわれています。

また「低温期体温にバラツキがある」「低温期なのに体温が高い」などは無駄にエネルギーを消費していることを意味します。とてもデリケートな時期です。

【排卵期】
「排卵期」は蓄積されたエネルギーがピークに達し、一気に爆発させて子宮内を活発に働かせる期間です。
体温が「低温期」から「高温期」へと移行する重要な転換期となります。この転換は「すばやく!」なければいけません。「3〜4日かけてだらだら上昇する」や「上昇と下降を繰り返す」などは、子宮内の効率良い活性を邪魔する要因になりかねません。

【黄体期】
「黄体期」は、体温が高くなり温かい環境となります。暖かい環境を維持することで、受精卵は十分なエネルギーや栄養を取り込みながら育っていくといわれています。やはり、生命を育むためには「暖かい」そして「柔らかい」ベッドのような子宮内膜が必要なのでしょうね。
「高温期の体温が低い」や「高温期が短い」などは、受精卵や子宮粘膜の発育不良の原因となります。
この状態は子宮内の「栄養不足」や「エネルギー不足」を意味します。

[まとめ] 
各周期の働きの低下は、検査では確認できないため、大半の方が「特に問題はない」との診断を受けます。
しかしながら、実は、しっかりと“原因はある”のです。

相談堂の勧める不妊症の漢方薬の特徴

妊娠後も安心して服用していくことができるため、母体と赤ちゃんの2人の健康状態を良くします。また、丈夫で健康な赤ちゃんが産まれやすくなり、出産後のお母さんの身体の回復速度も早まります

母体の体質改善は、本人だけではなく、生まれた後のお子様の育ち方や体質などにも繋がってきます。

すくすく丈夫に育つ子供か、病気がちで病院通いの虚弱な子供が生まれたり、アトピーや喘息で可愛そうな子供が生まれたりするのも、ひとえに、お母さんの土台作りにかかっているといっても過言ではないと思います。

漢方薬は、大手メーカーだからよく効くというものでもありませんし、漢方を提案する人の提案力も千差万別です。自己判断をせずに、まずは専門家の方にご相談されることが一番だと思います

相談堂スタッフより

私は、病気がちだった子供の頃に漢方薬に出会い、元気に学校に行けるようになりました。
漢方薬に携わるようになり、たくさんのご相談をお受けしてきた経験から、漢方薬は、辛い症状を和らげたり、明るい毎日を送るための助けになったりするものだと信じています。

病院での治療で赤ちゃんを授かった方も多いと思います。

でも、病院治療を長く続けてご相談に来られる方も多いのです。
排卵検査薬や基礎体温を測定し、タイミングをとってもなかなか授からず、産婦人科に通院を開始し、その後不妊専門病院へ転院。
できれば自然妊娠で・・・という気持ちの中、病院では排卵誘発剤・人工授精・体外受精へと、治療はどんどん進んでいきます。

私は、あなたに体内に目を向けて欲しいのです。
冷え・生理不順・生理痛・黒っぽくてドロドロした月経血・・・
当たり前に感じてないでしょうか・・・。
どれが良い状態でどれが悪い状態なのかわからない・・・という状況かもしれません。

体に表れている症状は、体の中からのサインです。
その症状を改善することが、妊娠・出産に向けて体内を整えていくことにつながるのです。

私の経験や知識をあなたにお伝えしたいのです。
体内環境を「生命を育みやすい温かい場所」に変えていく事が大切だとお伝えしたいのです。

赤ちゃんとの出会いを願っているあなたの力になれたら、私もうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

専任スタッフが子宝相談をお受けします不妊・子宝の漢方相談【ご相談無料】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談をお受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。
北九州市小倉北区
室町 2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/093-563-6600

受付は10時より
福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。福岡市天神・JR博多駅からバスで10分、高砂バス停で下車徒歩5分

福岡市中央区高砂2-4-2 トライアルビル8Fラグズ

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/093-563-6600

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。


福岡予約10時より
榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7



PCサイト

■携帯サイト

http://www.enokiya.mobi/

ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved. ,