漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

腎臓病(腎炎・腎不全)の食事療法と漢方薬。透析治療になる前に

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

相談堂では慢性腎炎・腎不全・多発性嚢胞腎(のう胞性腎)・腎尿崩症・糖尿性腎炎・IgA腎症・人工透析の漢方相談をお受けしております。

また、体にやさしく飲みやすい漢方薬や自分で出来る『漢方的食事療法』なども詳しいスタッフにご相談が出来ます。

本ページでは上記のような腎臓病に対する漢方薬の考え方や対処法を記載しております。

 

数多くの腎炎・腎不全の患者様からご相談頂いてます

 

腎炎(腎炎・腎臓病)はなった人は、お医者様から「腎臓の回復は無理です」「じきに透析になるので覚悟をしてください」と言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。

相談堂は、漢方で腎臓に対しサポートしています。

長年、漢方や東洋医学を行なっておりますが、やはり慢性的な病気には東洋医学や漢方の優れているところが発揮されやすいと感じています。

今の医学では腎臓機能を回復させることは無理だという事になっています。

私たちもそこに反論することはありません。

しかし、年間に約4000件の相談があり、漢方を取り入れられて透析にならずに各数値が落ち着いてられる方も多く居られるのも事実です。

漢方で腎臓病は治るとは言えません。

ただ、腎臓病に対する負担軽減や副作用の軽減などに活躍できると確信しております。

相談堂では、腎臓病【腎炎、IgA腎症、腎不全、腎盂腎炎など】でお悩みの患者さんから、毎日のように漢方薬や食事療法についてのご相談があります。

腎臓病でお悩みの方はきっとお役に立てることがあるかと思います。

 

腎臓病を患った方のお悩み

 

当店へご相談頂く患者様の多くは例えばこのようなお悩みをお持ちです。

イメージ画像
  • 腎炎からくる高血圧を降圧剤(薬)を使わずに下がらないかな?
  • 腎不全で弱った腎臓から、もう少し尿が出てくれれば…
  • 腎不全による、この浮腫みと身体のかゆみがなくなればいいのに…
  • 人工透析後の吐き気や倦怠感が楽にならないのだろうか?
  • なんとか人工透析をせずに済む方法はないかな?
  • 糖尿病が改善しないと腎臓が良くならないよな〜

腎臓病は完治が難しく、進行すれば人工透析となる事もよくあります。

人工透析をせざる負えなくなれば食事が制限されてしまいます。

長期に渡り通院となれば時間的にも体力的にも消耗が大きくなります。

 

腎臓は血液をろ過する血液浄化装置

 

そもそも腎臓の役割は、腎臓は汚れた血液をろ過して、きれいな血液にする血液浄化装置です。

そのため、その血液浄化装置である腎臓の故障で、血液がキレイにならず、尿の出も悪くなり、 顔や脚がむくみがちにもなり、身体が痒くなり、血圧も高くなってしまうと考えられます。

腎炎の方なら、特に血圧、むくみ、かゆみ、糖尿病でお悩みでしょう。。。

だから腎臓に負担をかけない食事療法が必要となるのです。

腎炎を患っている方は、血液中のリンやカリウムのコントロールにあわせて、まず少しでも血をきれいにしていくことを考えることが重要です。

そして体に溜まった余分な水分や毒素を、少しでも多く尿として排泄するのが一番だと思います。

そうなると腎炎を抱えていても、体はずいぶんと楽になると思いますし、実際に多くの腎炎などの腎臓病の方からも体が軽くなった!との声もいただいています。

腎炎などの腎臓病で弱った腎臓に対してドロドロ汚い血液の処理は非常に負担がかかってしまいます。

私たちは漢方アドバイザーとして、腎炎・腎不全などの腎臓病には病院のお薬と併用できる、漢方薬や食事療法をおすすめしています。

腎炎・腎不全、IgA腎症、多発性嚢胞腎などの腎臓病はどうしても長丁場になる事を考えると、化学薬品でなく、自然で、身体に優しく、安全なものを選びたいのが本音ですよね。

では、腎臓病(腎炎・腎不全)を患った方や人工透析を受けている人は、実際に食事療法と漢方をどのように使い、取り組めば良いのでしょうか。

 

漢方的な食事療法が重要

 

腎臓病(腎炎・腎不全)のとき、まず考えていただきたいのは、食事を中心に生活習慣そのものを見直す、ということです。

そしてそれに加えて、『漢方的な食事療法』を『現代医療』と併用し、病院での検査や診断結果などを参考にしながら漢方薬などを選薬し服用していくのです。

人工透析を受ける前の方は人工透析を受けないですむように…

いま人工透析を受けている方はこれ以上悪化させないように

しっかりと考えることが大切です。

腎臓病を患った自分の体のことですから、ただ病院に頼りきりになるのではなく「自分で自分を守る」という考えが必要だと思います。

進行を遅らせたり止めたりすることは努力次第で可能です!

 

血液がきれいになるような漢方的食事療法のポイント

 

漢方的食事療法を簡単に言うと、まず身体の汚れをキレイにしてくれる「血液ろ過器」である腎臓に

1、負担をかけないこと。血液が綺麗にサラサラするような食生活を取り入れる

2、腎臓が元気になるような栄養を補う「補腎」の漢方薬を取り入れる

3、体に疲れを残して、血液の流れを悪くしないようにする

4、利尿作用のあるような、お茶や良い水分を日常生活に取り入れる

まずは、以上の4つをオススメしています。

さらに食事に関しては下記のポイントが大切になってきます。

 

腎臓に良い食べ物のポイント

 

まずは食生活を見直してみましょう。合言葉は「おさかな、スキやね!」

  1.  (お茶)…カテキン、ポリフェノール等の抗酸化作用がドロドロになりにくくします。
  2.  (魚)…魚の油は血のかたまりをできにくくします。肉よりも魚を選びましょう。
  3.  (海草)…ミネラルや食物繊維が豊富です。コレステロールを排出してくれます。
  4.  (納豆)…ナットウキナーゼが血栓を予防し、大豆イソフラボンが血圧を下げます。
    ※薬の関係で納豆が食べられない方もいるので注意しましょう。
  5.  (酢)…クエン酸が老廃物を排出し、血液の流れを良くします。
  6.  (きのこ)…免疫機能を高めます。カロリーが低いので、たくさん食べても大丈夫。
  7.  (野菜)…各種ビタミン・ミネラルが含まれています。
  8.  (ねぎ)…ねぎに含まれるアリシンは、血栓を予防し、消化を助けます。

日本の食事というのは本当にうまくできていて、焼き魚などのメインがあって、酢の物などの小鉢に煮もの、具だくさんの味噌汁にごはんという一汁三菜の組み合わせは「オサカナスキヤネ」のすべてを摂ることができます。

難しいことはいりません。

ただ普通のお母さんのごはんでいいのです。

 

腎不全で人工透析になったら食事療法と漢方でフォロー

 

腎炎から数値を如何に維持するか、悪化を食い止めるかが重要ではありますが、人工透析になってしまった場合にはもう手立ては無いのでしょうか?

相談堂では人工透析になってしまった場合は、闘病生活を如何に楽に共存していくかが大切であると考えています。

そのためには、動いていない腎機能に負担をかけないように配慮した食事と、足りない分を補うための漢方薬がポイントとなります。

ただ、病院でも食事療法のことを言われるから、食事については納得できるのけれど。

治らないといわれている慢性腎炎、人工透析の助けになる漢方薬ってあるのだろうか?

って皆さん思われるかもしれません。

慢性腎炎に効能効果をとっている漢方薬は基本的には無いと思います。 (一部、腎炎や浮腫み、ネフローゼ等はあります。)

しかし、人工透析からくる、疲労倦怠感、無気力、シャント周りの黒ずみそして、慢性腎炎の悪化予防をする漢方はあると思います。

 

人工透析とうまく付き合うために漢方をオススメする理由

人工透析を受ける前の方は透析を受けないですむように、いま透析を受けている方はこれ以上悪化させないように、「つら〜い闘病生活」をいかに楽に、「快適な慢性腎炎との共存生活」にするか?が大切です。

人工透析時には腕にシャントを作りそこから体外にポンプで血液を送り老廃物(尿毒素)を排泄し、血液中のナトリウム・カルシウム・カリウムなどのバランスを整えます。

しかしながら血液を一定にダイアライザーにポンプで送り込むわけですから、自分の心臓というポンプとダイアライザーに送り込むポンプの間で、不協和が起こり、心臓に負担がかかります。

しかも透析は週3回強制的に行なわれるため、心臓に負担がかかった状態が続きます。

心身ともにくたくたになるのはこのためです。

快適な人工透析生活を送るために心機能を補助する漢方薬や、エネルギーを与える漢方薬などで補うことができるのです。

以上の事を考えると、私たちは人工透析を受けている慢性腎炎の方にも、漢方薬や食生活(食事療法)を日常生活に取り入れるメリットは十分あると思うのです。

 

腎炎・腎臓病に関連する漢方薬のメリット

 

1、煎じ薬でなく、錠剤やカプセルなので面倒くさくない

2、服用時間を厳密に気にしなくて良い。食後でもOK

3、手軽に取り入れていけるため、手間や無駄なお金と時間がかからない

4、病院治療や薬との併用も可能なものを選んでもらえる。(要相談ですが)

5、即効性を期待でき、漢方的食事療法との組み合わせで相乗効果も期待できる。

6、水やコメ、漢方的食事療法なども取り入れられる。

漢方には、意外に効果が高いものもあります。

しかし、漢方薬も品質が有りますので、ご自分の体質に合わせた品質の良い漢方をお選びください。

また、漢方を提案する方の"提案力"も千差万別ですので、専門の方にご相談されることが一番です。

 

腎臓病3つの漢方療法のご提案

 

相談堂では、3つを基本に、一人ひとりの体質に合わせた腎臓病の漢方薬をご紹介しております。

また、お客様の症状、体質、生活習慣、年齢等に合わせた対策をご提案しております。

○緊急タイプ(比較的症状が重い方)

現在の体調からすぐに脱出出来るような漢方薬や漢方的食事療法を含めて提案して欲しい。 短期で効くような漢方を試してみる!

○悪化予防タイプ

現在の体調を維持して、悪化させないように漢方薬を取り入れていきたい。とにかく、体に優しい漢方薬で気になるところをなんとかしたい。

○併用タイプ

病院の治療と併用し、腎臓にやさしい漢方的食事療法を取り入れていきたい。

患者さんの状況や体質によってご提案させていただきます。

◆腎臓病の一般的な食事療法に関しては栄養士さん又は、関連のサイト等でおたずね下さい。

腎臓病(腎炎、腎不全)でお悩みの皆様の相談を受け付けております。

みなさま自身の体のことですから、ただ病院などに頼りきりにするのではなく、自分で情報収集し、考え、自分で守る、ということも必要だと思います。

今まで述べてきたことを考えて頂き、いかに楽に、素早くつらい腎臓病からサヨナラするか。腎臓病であっても楽なライフスタイルをおくるか。

これが一番大切なんですよね。

腎炎(急性腎炎、腎不全、腎盂炎、IgA腎症、多発性嚢胞腎(腎のう胞)などの腎臓病は難しく一筋縄ではいかない問題です。

ただし、漢方で腎臓に働きかけることによって、結果的に進行を遅らせたり止めたりすることは努力次第で可能です。

 

『相談堂』に寄せられた声

 

腎不全 56歳 男性 東京都 Y様

こんにちはYです。いつもお世話になっております。
今日は、血液検査の結果が出ましたので、ご連絡させていただきました。
今回は、クレアチニンの数値が、3.6から2.4、尿素窒素の数値が62から41、カリウムの数値が5.6から4.6、赤血球の数値が328から378になっていました。数値が全体的に良くなっていましたので、とても嬉しかったです。
漢方薬を飲む前は、半分諦めていましたが、今では、自信を持つことができています。
本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

その他の腎臓病(腎炎・腎不全)に関する症例はこちら

 

相談堂には一緒に病気と戦う強い味方がいます。

 

相談堂代表、漢方薬剤師の中尾です。私は、上場企業の製薬メーカーで、免疫の薬の開発を行なっていました。地元に戻り、漢方薬剤師として15年。多くの方のご相談をお受けしてまいりました。

腎不全や腎炎などの疾患は薬がたくさん出ます。そして、その副作用でますます体調を悪くされる方が多いです。

漢方は副作用が無いのでよい点でもあります。また、身体のバランスを整えていきます。腎臓は肝臓や膀胱、血管などあやゆるところに通じている場所でもあります。

このバランスを重視する漢方の力をぜひ体験していただければと思います。
腎臓病についてお悩みの方はまず電話でも結構ですのでご相談
ください。

 

漢方カウンセラー岡田

岡田 貴之(おかだ たかゆき)
相談堂 漢方相談部 統括本部長
NPO統合医療普及協会会員認定実践指導士
はじめまして、相談堂漢方カウンセラーの岡田です。

腎臓機能を回復させることは難しい事は確かです。ポイントは如何に進行・数値の悪化を遅らせられるかです。腎臓病は非常に難しい病ではありますが、当店の患者様で正しい対処を行ったことで数値が落ち着く方がいらっしゃるのも事実です。早めに対策を施すことが出来るかが大きな分岐点となります。

腎臓病でお悩みでしたらきっとお役に立てるかと思います。お一人で悩まずご相談ください。

 

 

【動画解説】相談堂の腎臓病の漢方・対策について

 

相談堂 代表 薬剤師 中尾による腎臓病の対策法・漢方薬の考え方の解説

 

ご相談は、できれば電話がお奨めです

相談堂では、血液検査データを拝見させて頂き、さらにお電話(ご予約制)もしくはメールにて状況を詳しくお伺いしております。

最大限の注意をはらい最適なご提案をさせて頂きますので、お一人お一人の相談に多くの時間をかけます。できるだけ伝わる情報量が多い電話相談をお奨めします。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
私たちでよろしかったらお力になれると思います。ぜひ一度ご相談されてみてください。

腎炎・腎不全の漢方相談【電話無料相談】
腎炎・腎不全の漢方相談【メール無料相談】
腎炎・腎不全の漢方相談【無料相談】

個人情報保護について

メールで漢方相談

漢方相談
お名前
フリガナ
メールアドレス
『腎臓の漢方・食事(補助食)』に
関するご相談・ご質問をどうぞ

 

 

電話で漢方相談


↓確実に時間を押さえておきたい場合には、ネット予約がお奨めです↓
yoyaku



直接会ってご相談頂く方法(要TEL予約制)

来店の相談

自然のココロ それが漢方 相談堂
住所:福岡県北九州市小倉北区室町2‐11‐19 有豊ビル2F (地図)
ご予約 TEL093(563)6600

戻る このページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談をお受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。
北九州市小倉北区
室町 2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/093-563-6600

受付は10時より
福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。 福岡市、地下鉄博多駅⇒(約7分)赤坂駅で下車し、徒歩1分

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/093-563-6600

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。

福岡オフィス詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,