漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

各種の癌(ガン)に関する症例(ご相談内容など)

一口に腹水と言っても年齢、体型、体質、これまでの治療や現在の病状などにより結果が変わることがございます。下記の症例は効果・効能を保証するものではありません。


【ガン(悪性リンパ種)のご相談】

■鹿児島県にお住まいのCさん(お母様のことでご相談)

○ご相談されたときの症状・状態
お母様が悪性リンパ腫で、病院から助かる見込みがないと宣告される。
お母様は悪性リンパ腫になるまでは、お仕事をされていた。

○ご提案した内容 (病院治療と併用しながら)
血流系の漢方薬1つ/免疫の活性に役立つ漢方薬を1つ/骨髄を活性を補う栄養食品を1つ
栄養素を補う栄養食品を1つ

○改善期間:8ヶ月(お仕事に復帰されるまでの期間)

○変化が見られ始めた時期:2ヶ月目

○お客様の変化
血液検査の数値で、白血球・血小板・リンパ球が増加傾向になる。
画像検査でも癌細胞が大きくなることはなく不変の状態で、主治医も思ったより良い状態とのこと。体調が良好のことから、念願のお仕事に復帰される。その後の血液検査でも白血球が上昇していた。

〇担当スタッフより
最終的にお仕事にご復帰できたことはご本人様はもちろん、ご家族様も予想にしてなかったようで、大変喜んでおられて非常にうれしく思いました。もちろん、すべてがいい状態とは言えませんが、それでもご病気と上手く付き合われたから、病院治療との相乗効果でいい方向に向かわれたのではないかなと思います。


【ガン(肝臓癌)のご相談】

■愛媛県にお住まいのMさん(お父様のことでご相談) 

○ご相談されたときの症状・状態
お父様が肝臓癌で余命6ヶ月の宣告を受ける。腫瘍が多発した状態。
リンパ節転移、B型肝炎、糖尿病、前立腺肥大など。

○ご提案した内容 (病院治療と併用しながら)
「補気」「補血」「清熱」「活血」「免疫」の5種の漢方薬

○改善期間:7ヶ月

○変化が見られ始めた時期:3日目

○お客様の変化
服用3日目で娘さんからご報告がありました。
「口の苦味が少しよくなった/便が朝以前みたいに出るようになった/
お腹の張りで満腹感が常にしていたのに、それもなくなり、空腹感が出てきた/
汗が少し出てきだした/夜の血糖値がいつもは200ほどだったのが93に下がった/
歩いてもあまり疲れがなかった/体調が良い/熱は37.3ほど」

〇担当スタッフより
服用後3日目で、お父様ご本人が変化を感じて生きたい!と前向きになれたそうです。その後、病院での治療がハードだったこともあって、体調があまり良くない時もみられましたが、3か月目ごろには、病院治療での副作用が最小限に抑えられていたり、見た目は元気そのものというご報告を受けました。ガンによる痛みがほとんどなく、腹水もたまっていないご様子だったそうなので、本当に良かったと思います。病院の治療と漢方薬もありますが、やはり一番大切なことは、ご本人様の生きたいという意志だと思いました。


【ガン(すい臓ガン)のご相談】

■熊本県にお住まいのUさん(お父様のことでご相談) 

○ご相談されたときの症状・状態
末期のすい臓ガンとのことで、病院からは余命6ヶ月の宣告を受ける。緩和ケアをご希望。
ご本人様には告知はしていない状態。かなりの便秘症、胃弱、栄養状態がよろしくない状態。

○ご提案した内容 (病院でのお薬と併用しながら)
抗炎症作用のある漢方薬1つ/月経痛を軽減する漢方薬1つ

○改善期間:4ヶ月

○変化が見られ始めた時期:1日目、1ヶ月目

○お客様の変化
食欲が良好、排尿・便通もよい、足首周りのむくみが減少。
痛みを感じる回数も減少とのご報告。手足のしびれ、脱力感が消失。

〇担当スタッフより
緩和ケアをご希望されていたので、栄養状態を良くすることと免疫を高めることを第一にご提案させていただきました。昨日まで痛みが軽減したかと思えば、翌日には痛みが発生する等、症状の変化が刻々とありましたので、数日様子を見ながら、適宜アドバイスをさせていただきました。余生を楽にさせてあげたいというご家族様の願いに、お応えできたかどうかは分かりませんが、服用して1日後から、「足の痛みが大分軽くなって喜んでる」とご報告があり、ご本人様も漢方を取り入れることに前向きになれたのではないかなと思います。


【膵臓癌〜肝臓転移のご相談】

■宮城県にお住まいのYさん 

○ご相談されたときの症状・状態
医師から2ヶ月前に膵臓癌と診断を受け、現在、肝臓に転移も見られている状態。抗がん剤治療を行っており、嘔吐、痺れ、腰の痛み、食欲不振、貧血などの副作用が強くとにかくお辛い状態。今の症状を少しでも楽にしたいとのことでご相談をいただきました。

○ご提案した内容
■抗腫瘍作用、消炎解毒作用のある漢方薬
■栄養状態改善、免疫力を活性向上
■消化器系を強化し、食欲を増進させる漢方

○改善期間:2ヶ月

○変化が見られ始めた時期:1ヶ月後

○お客様の変化
漢方薬の服用を開始していただき、約1か月後から、嘔吐が治まり、食欲が湧いてきた。その後、痛みと痺れも緩和し、病院から処方されている痛みどめも中止できました。一番は、患者様の顔色がよくなり、笑顔と口数も増えたようです。

〇担当スタッフより
とにかく、抗がん剤の副作用出ていましたので、まずは、そこの不快症状を緩和、軽減するために、消炎・解毒作用のある漢方薬を服用していただきました。食事がほとんど取れておらず、やせ細っていましたので、栄養状態を高める対策と、消化器系を強化し、食欲を増進させる対策を組み合わせ、ご服用いただきました。


【肺癌〜骨、リンパ、脳転移のご相談】

■北海道にお住まいのSさん 

○ご相談されたときの症状・状態
肺ガンから脳、骨に転移があり相談堂にご相談を頂いた時、血液データのCRPが30ありました。自覚症状としてかなり痛みがあり、病院から処方される痛み止めを服用してもなかなか痛みの緩和はなかったようです。

○ご提案した内容
■癌に起因する体内炎症を抑える漢方薬
■血液の質を改善し、血熱の症状を改善する漢方薬
■体内臓器活性化のための必須栄養素群

○改善期間:7日目

○変化が見られ始めた時期:1ヶ月後

○お客様の変化
漢方服用前は痛みの症状で睡眠が1時間くらいしか取れなかったといわれておりましたが、漢方薬と併用後7日目より徐々に睡眠が長く取れるようになりました。

〇担当スタッフより
病院のお薬(痛み止め)と漢方薬の働きかけは全く異なります。併用されることで相乗効果となり患者様のお辛い症状の軽減へと繋がります。ご相談者様からも、「痛む姿を見るのは私もとても辛かったので、痛みが緩和されているようで本当に嬉しく思います。」とお喜びのお声を頂きました。


【癌・腹水のご相談】

■愛知県にお住まいのKさん 

○ご相談されたときの症状・状態
膵臓癌から肺に転移しており、現在抗がん剤治療中。ここ最近腹水が貯留し始めて弊社にご相談頂きました。問診では食欲も低下されて便秘傾向でした。

○ご提案した内容
■癌に起因する体内炎症を抑える漢方薬
■血液の質を改善し、血熱の症状を改善する漢方薬
■体内臓器活性化のための必須栄養素群
■胃腸機能向上の漢方薬群

○改善期間:1ヶ月

○変化が見られ始めた時期:15日目

○お客様の変化
便秘の症状が改善。もともとコロコロ便だったのが、形の良い便が出るようになった。
●3週目
血液検査ではCRPの数値が一気に下がった。
●1ヶ月目
炎症の数値が下がったおかげで免疫系の数値が上がってきた。抗がん剤の副作用予防にも繋がっていると実感していただけた。

〇担当スタッフより
私たちは体内の不要な熱を汗や尿、便から発散いたします。しかし代謝が落ちてしまった患者様はなかなか発散することが出来ず不要な熱が体内にこもりやすくなります。結果癌の進行が早くなってしまったり、腹水の貯留スピードが増したり、免疫系の低下に繋がったりもします。ですから、まずは熱の発散経路である尿や便の排出をスムーズに行うことが必要なのです。こちらの患者様は便が出るようになってから、顔色もよくなった。と仰っていました。引き続き抗がん剤と漢方薬の併用で頑張っていただいております。


【癌のご相談】

■三重県にお住まいのN様67歳・男性 

○ご相談されたときの症状・状態
腎癌から多臓器転移あり 血液データよりCRPの数値がかなり高く、また血便も続き定期的に輸血をしなくてはいけない状態でした。

○ご提案した内容
癌に起因する体内炎症を抑える漢方

○改善期間:1ヶ月

○変化が見られ始めた時期:1ヶ月目

○お客様の変化
●1ヶ月目
漢方ご服用後、徐々にCRPの数値が下がって行きました。それと同時に輸血の頻度も少なくなりました。

〇担当スタッフより
癌患者様に多い「痛み、腫れ、出血」などの症状は全て熱の症状と考え対策していきます。大元の炎症症状を改善することにより気になる症状も改善していきます。

戻る このページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る
■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談を お受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。

医薬品販売許可 
許可番号 第60273号
 


北九州市小倉北区
室町2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/0120-589-314

受付は10時より

福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。 福岡市、地下鉄博多駅⇒(約7分)赤坂駅で下車し、徒歩1分

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/0120-589-314

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。

福岡オフィス詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,