漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

痔(いぼ痔・切れ痔・脱肛)を漢方薬で治療・根本改善

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

弊社には毎月数多くの痔でお悩みのお客様からの漢方薬のご相談を頂いております。痔には切れ痔・いぼ痔(内痔核、外痔核)・脱肛など症状は様々です。

相談堂では外用薬だけの対処療法ではなく、腸内環境・肝臓など漢方薬で体の内側からのアプローチを考えることで、痔の根本改善を目指していきます。

痔でお悩みの方はお役に立てることが出来るかと思います。相談費用は無料です。漢方は病状・予算に応じて対応できます。

 

患者様の声や症例を、メールにて配布しております。

 

 

相談堂 漢方カウンセラーより

御覧いただき有り難うございます。 相談堂・漢方カウンセラーの岡です。 痔という病気は恥ずかしい物と捉えている患者様が多いのか、かなりひどい症状でも、なかなか人に相談しようとしない人が多いです。

薬すら使わず我慢してしまっている人もいれば、市販の薬でごまかし、その時はいくらかよくなっても、使わなければまた前戻りしてしまい、これまで一向に改善されずにいた、という方もよく見かけます。

相談堂ではそのような方の為に、メールで「漢方薬のお見積もり」を承っておりますので、対面が恥ずかしいという方でもお気軽にご利用頂いております。

その結果、痔でお悩みの方に漢方薬の良さを体感頂いております。

 

しかし、初めての方は・・・

痔に漢方薬って実際はどうなのだろう??

痔に漢方薬というイメージが無かった。

と半信半疑の方が多いのが実情です。

まずは、弊社にて漢方薬をご提案させて頂いた患者様のお喜びの声をご紹介いたしますので御覧ください。

 

痔に苦しんでいた患者様のお話

ある日突然…切れた!

社会人3年目。毎日仕事に追われ残業の日々。22時に帰宅出来ればラッキー。接待が重なると連日飲み会続きで食生活は偏りっぱなしでした。今思うと「痔になって当然」と思います。

食生活の偏りで便秘と下痢を繰り返す事に慣れて「またか」と思うようになっていました。そんなある日いつもの便秘と格闘すること20分。

額に汗が滲むほど力んでようやくスッキリし、ヒリヒリするお尻を拭いてみると…血が。

「力みすぎたのか…?」と見たことのない肛門からの血に若干の不安を覚えましたが、きっと大丈夫と自分に言い聞かせ会社に向かいました。

まさか日常生活に支障がでるなんて…

それから私の痔と格闘する日々が続きました。

まさか自分が痔になるなんて思ってもいなかったし、一番びっくりしたのは痔の症状が本当に辛いということです。

私が実感した痔のツライ症状

  • 肛門の周囲が痛い・痒い(この同時攻撃は正直つらかったです)
  • 膿が出て、下着が汚れる
  • 臭いが気になる
  • 痛みが伴うので排便がイヤになったり、怖くなったりする
  • 椅子に座るのが本当に辛い
  • イライラして集中力が無くなり仕事に身が入らない

ツライ症状を我慢する日々。

仕事を休んでまで病院には行きたくはないし…悩んだ末、痔の手術をしたことのある上司に相談しました。やはり1週間ほど休みを取って手術したそうですが「それはもう手術の後の排便が本当に辛かったよ…」と思い出すのも嫌だという感じで話す上司を見ていると選択肢の中から手術の文字は自然と消えていました。

どうにか痔を治す方法は無いのか?毎日仕事から帰ってきて情報収集の日々でした。そんな中インターネットで情報収集するなかで漢方と出会いました。

手術をせずに済むというキーワードが一番嬉しかったのは彼女には秘密です。

アドバイス通りにしてみると…

相談堂に相談して2ヶ月ほどで痔の症状はほとんど気にならなくなっていました。

漢方だけではなく食生活に食物繊維をなるべく取り入れ腸の動きを正常に戻すことを実践しました。

飲み会がどうしても続くときはサプリメントや青汁で補うようにし、便秘や下痢で苦しむことも減りました。今では、排便も快調ですが、なにより痔の症状が全く出なくなったことが本当に嬉しいです。

これからも自分のペースで続けていきたいと思います。

この体験談はお客様のプライバシーに関わることですので匿名にさせて頂いております。

 

痔は男性だけの病気ではなく女性にも多く見られる病気です!

便秘薬を無理に使用した排便の方法をとっている方。

便秘が日常茶飯事の方は「痔」の予備軍の可能性があります。

 

 

 

相談堂へ寄せられる痔の悩み例

相談堂へは主にこの様なご相談が寄せられております。

 

  • もう何年も痔を繰り返している
  • 便秘で無理やり出そうとしていたら痔になってしまった
  • もう10年も内痔核で脱肛に苦しんでいる
  • 手術するしか無いと言われたが子供が小さく入院が出来ない
  • 寒くなるとひどくなる
  • 力仕事なので脱肛が怖い
  • 痔のあまりの痛さに食べることも怖くなる
  • 排便時に切れてしまいそうで、怖い
  • 手術は出来れば避けたい。なんとか漢方薬で対処する術は無いか
  • 病院で軟膏をもらっていますが何年たっても繰り返しています

 

同じような方がいらっしゃればきっとお役に立てることがございます。

 

 

 

痔の症状(いぼ痔・切れ痔・あな痔・脱肛)

痔には4つのタイプがあります。

痔核(いぼ痔)

内痔核(脱肛)と外痔核に分かれます。内痔核は、肛門と直腸の間あたりにできるもので、進行がすすむと肛門からはみ出してきます。外痔核は、肛門のふち辺りにできるため、擦れてかなりの痛みを伴います。

切痔(裂肛)

排便時などに肛門の皮が切れて出血や痛みを伴う症状。

あな痔(痔瘻)

肛門周辺に膿がたまり、それによって瘻管という膿が出る穴ができる症状。この場合は外科的な処置が必須になるため、漢方の力だけでは回復は難しいとされています。

脱肛

痔が進行した結果肛門の外に直腸が飛び出してくる状態です。最も多い原因がいぼ痔です。主に内痔核の症状が悪化すると脱肛になる事が多く、さらにこの内痔核の原因は便秘が多いとされています。その為、女性の方が男性より患者数が多いのです。

 

 

 

痔の原因とは

うっ血

うっ血は、いきみ過ぎ・座りっぱなし・立ちっぱなし・冷え・アルコール摂取・タバコなどによって起こりやすいと言われています。 トイレで力む際に、血がおしり周りにギューっと溜まります。風船を膨らませる際に、血が頭に上る感覚がするのと同じ原理ですね。うっ血は、静脈の血が滞った状態なので、うっ血の負荷があまりに大きいと、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が出来ます。

便秘・下痢

慢性的な便秘の場合、硬い便を出す際に、
強く力むことでうっ血が生じたり、肛門の出口に負担が掛かることで肛門の粘膜が傷ついたりします。下痢の場合も、便が勢い良く出るため、肛門の粘膜が傷つきやすくなります。

妊娠・出産

妊娠や出産による痔は非常に多いです。赤ちゃんを産む際に、裂けてしまう。
痔になる原因は色々な所に潜んでいます。
何気なく生活していても実は身体は様々なストレスや体内の変化と戦っているのです。

 

 

 

相談堂が考える痔の3つのポイント

『手術をしなくても大丈夫』本当に痔のことで悩まれている方にとっては嬉しいキーワードです。では、漢方ではどのように痔を治療していくのかご説明いたします。

腸内環境の改善!

不規則な生活や、偏った食事で荒れた腸内環境。その腸内環境を整えるのに必要なのは食物繊維やビフィズス菌。食生活を変えると口で言っても実際に実践するのは難しい…そういう方にはサプリメントで摂取することもお勧めしております。

腸内環境が整うと…
排便時の過度な力みから生じるうっ血なども防ぐことが出来ます!
→ついつい患部にばかり集中して軟膏を塗ったり手術したりしていませんか?うっ血するそもそもの原因は何処にあるのかを考えなければ、何度も同じ事を繰り返してしまいます。

肝臓をイキイキさせる!

ストレス・慢性疲労・アルコール摂取などが原因で、働きが弱っている肝臓を正常な肝臓に戻していきます。

肝臓の働きと痔の関係

体内の有毒な物質を無害なものへ変え解毒し、血液を貯蔵し循環する量を調節する働きがあります。タンパク質や脂肪などを合成・貯蔵し、必要に応じてエネルギー源として体内へ送る働きなどがあり、これらの働きが弱ると・・・

○解毒が遅れ気味になり体内に有毒な物質が溜まる

○血液が汚れる

○必要なエネルギー源が充分に供給されず脂肪として蓄積される

肛門の静脈は肝臓と繋がっている

肛門と肝臓が繋がっている静脈には、通常ついている弁がついていません。
そのため、血液が逆流しやすかったり、うっ血を起こしやすかったりするのです。

■弱っている肝臓に栄養を与えましょう
肝臓内の血の流れを良くすることで、肛門の静脈の血流が改善します。
肝臓の働きが活発になって、血の流れが安定することで、体質が改善されます。

全身の血の巡りを良くしましょう

全身に張り巡らされた血液の流れがきれいでサラサラになることで、身体に不可欠な栄養・酸素が充分に行きわたり、また、不要な老廃物や水分が排出されます。とくに女性は冷えやほてりを抱えた方が多いので、同時に改善できて一石二鳥です。

 

 

 

症状別の費用について

下記【漢方薬等のお見積もりフォーム】より

漢方薬のお見積もりを承っております。

フォームに入力し送信するだけです。

匿名でも可。お見積もりは無料です。

気軽にご利用下さい。

 

ご自身の症状に合わせてコースご選択下さい。

下記に記載の価格はあくまでも目安となります。症状の度合いにより価格が前後することがございますので予めご了承下さいませ。

 

(Aコース)脱肛/痛みが激しいイボ痔(内痔核・外痔核)

/痛みが激しい切れ痔

■15日分 14,000円〜

症状が悪化・慢性化し出血している方。脱肛の症状が有る方。排便の際に非常に強い痛みを伴い、排便が億劫になる方。

 

(Bコース)便秘がある切れ痔/いぼ痔(内痔核・外痔核)

■15日分 9,000円〜

痛みはあるが我慢出来る。排便が億劫にならない程度の初期段階の方。便秘にお悩みの方。

 

(Cコース)切れ痔

■15日分 4,000円〜

時々、切れてしまう方。症状をくり返す方。

 

コース

症状

費用目安

Aコース

脱肛/痛みが激しいイボ痔(内痔核・外痔核)/痛みが激しい切れ痔

約14,000円〜(15日分)

Bコース

便秘がある切れ痔/いぼ痔(内痔核・外痔核)

約9,000円〜(15日分)

Cコース

切れ痔

約4,000円〜(15日分)

 

※お見積り後、ご注文をされてお届けする際には
中身が分からないようにしております。ご安心下さい。
送り状には【商品】もしくは【健康食品】と記載しております。

 

 

 

漢方薬等のお見積もりフォーム

お名前(匿名・ニックネーム可)
メールアドレス
年齢
性別 男性  女性
ご相談の病名 (いぼ痔(外痔核または内痔核) ・切れ痔・脱肛など)は何ですか?
痛み 強い 軽い 無し
肛門が熱く感じる はい いいえ
出血 多い 少ない 無い
脱出状態
※次の症状がある方のみお答え下さい
排便時に脱出するが、自然に元に戻る
排便時に脱出し、押し戻さないと戻らない
常時脱出の状態
肛門外への脱出はない
現在、使用中のお薬や健康食品、外用薬などあればすべてご記載ください。
ご希望のコース Aコース  Bコース   Cコース
妊娠中・授乳中の方は必ずお知らせ下さい。妊娠中の方は何ヶ月目かもご記入下さい。
漢方薬・商品についての詳細説明を受けたい はい  いいえ
その他、ご質問等あればご記載下さいませ。


 

 

 

 

 

漢方カウンセラーより

漢方カウンセラーの岡です。痔は相談し辛い疾患の1つです。ですが、相談しづらいために放置していると、悪化し、最終的には手術が必要になる方もいらっしゃいます。

是非早めの改善を心がけることをオススメ致します。

相談堂では漢方薬によって体質改善によって根本改善を目指していきます。

恥ずかしいと感じている方でもご安心いただけるよう、相談堂ではメールでの質問もおうけできます。

 

 

 

 

漢方の良さは

相談堂では、皆さまにお勧め!と思われる漢方薬等は積極的にご紹介していきたいと考えています。
 
『痔』以外のことで、健康に関する悩みやご心配がありましたら、ご相談の時にお伝えください。
痔とは関係が無さそうな症状が、意外に関係があったりすることもあるからです。
 
漢方の良さは、『痔』以外の気になる症状にも作用することがあるという点にもあります。
 
「う〜ん 漢方ってすぐ効かないしな〜 長く飲まなくちゃいけないし、めんどうくさ〜い。」と思われる前に、ぜひ、良く効く副作用の少ない漢方薬を試していただきたい!というのが本音です。
 
私も以前は痔でしたからよくわかりますが、「なったら辛いんですよね〜」
 
そういった時には、「漢方薬」を一度だけでもお試しいただくと、納得して頂けると思います。

個人情報保護について

 

 

 

ご相談がある方はこちらのフォームよりご相談下さい

漢方相談

お名前
フリガナ
メールアドレス
年齢
性別 男性  女性
ご相談の病名
(いぼ痔(外痔核または内痔核)
・切れ痔・脱肛など)は何ですか?
痛み 強い 軽い 無し
肛門が熱く感じる はい いいえ
出血 多い 少ない 無い
脱出状態 排便時に脱出するが、自然に元に戻る
排便時に脱出し、押し戻さないと戻らない
常時脱出の状態
肛門外への脱出はない
現在使用中のお薬
漢方に関するご相談・ご質問



 

 

記事監修:薬剤師 中尾典義

薬剤師免許取得。吉富製薬鞄結梃、究所研究員として従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業(薬局)を継ぎ榎屋相談薬舗叶ン立。現在では元NPO日本抗老化医学会実践指導士、(社)日本漢方連盟 漢方委員、ミスユニバースジャパン鹿児島認定漢方講師など多方面で活躍。

 

戻る このページのトップへ

昨日の新規ご相談件数

non object

今 までの新規ご相談累計数

non object




■ 相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

北九州市JR西小倉駅から1分の駅前です。相談堂で様々な健康回復相談ができます。まずはお電話でご予約ください。

【ご相談は要予約制】

医薬品販売許可 
許可番号 第60273号
 


北九州市小倉北区
室町2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号 0120-589-314

■Fax番号 093-563-6633


受付は10時より

福岡オフィスは、漢方薬舗でなく、コワーキングスペースにデスクを間借りしています。ここは代表 薬剤師の中尾が完全予約の上、有料で難病の回復相談が可能です。

ご相談は1時間が目安です。

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

福岡オフィスへご来店をご希望の方はこちらを御覧ください。

福岡オフィス詳細はこちら


【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/0120-589-314



≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいま せ。

福岡オフィス 詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年福岡県行橋市に相談薬局として開局。北九州地区一番の老舗漢方相談薬舗です。温かいスタッフと丁寧な説明をします。

・癌や腹水など病の回復に
・婦人病や不妊症など
・漢方ダイエット相談
・様々なお肌のトラブル
・神経痛や様々な痛みに
・訪問看護

医薬品販売許可 
許可番号 第13500017号

 

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
榎屋さんの和漢さぷり公式通販サイト
ペットの病気と漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,