漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

ニキビ(にきび)・背中ニキビは、漢方で治療

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。
相談費用は無料です。漢方は病状・予算に応じて対応できます。

 

相談堂 代表 薬剤師 中尾典義

岡山大学薬学部製薬学科卒業
岡山大学大学院 合成薬品製造学教室 修士課程修了
吉富製薬(現在 田辺三菱製薬)東京研究所の創薬部門の研究員として従事
多発性硬化症治療薬 イムセラの創薬研究を行う
退職後、漢方調剤薬局、大手病院の薬剤師を経て、独立
榎屋相談薬舗株式会社の代表 薬剤師となる。
漢方プロ歴22年  
現代医療と東洋医学を組み合わせ、人間の健康回復をいかに早く楽に行うかを行っている。

 

 

ニキビ症状について

 

ニキビやニキビ跡がない綺麗な肌でいたいというのは、何も女性だけではなく全ての方に共通するかと思います。

 

ニキビは一度治ったと思っても繰り返しやすく、またニキビを無理やり潰したりと間違った対処をしてしまいニキビ跡が治らなくなってしまったというお悩みもよくお聞きします。顔にできるニキビは鏡を見るたびに気になるし、背中にできるニキビは自己治療がしにくく、放置しているうちに化膿して強い痛みが出るようになったという方も多いです。

 

  • 治っても治っても新しいニキビができる
  • 顔全体に広がって恥ずかしい
  • 真っ赤になって痛くなってきた
  • スキンケアにも気を遣っているのになかなか治らない
  • ニキビは出なくなったがニキビ跡がずっと残っている

 

中には高額なお金を払ってレーザー治療やエステの施術を繰り返し受けても再発してしまうという方もいらっしゃいました。 それは、肌表面のケアだけでは「ニキビができてしまう根本原因」への対処にはなっていないからです!“肌は体内を映す鏡”とも言われます。スキンケアだけではなかなか解決しない肌トラブルは、自分の体を見直してみることで正しい対策方法が見えてきます。

 

ニキビの原因・・・なかなか改善しない理由

 

そもそもニキビというのは、皮脂や汚れで詰まった毛穴に『アクネ菌』が繁殖することで発生します。 『アクネ菌』はもともと皮膚に生息している皮膚常在菌と呼ばれる細菌で、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われていれば悪さをすることはありません。しかし、アクネ菌は【空気のない所で増殖しやすくなる】という性質があるため、毛穴が詰まって空気が送られなくなるとドンドン繁殖してニキビを形成します。

 

つまりは、

  • アクネ菌の餌となる皮脂の成分となる脂肪分をあまりとり過ぎない。
  • アクネ菌が異常繁殖しないように皮膚の細菌バランスを整える。
  • クレンジングと洗顔のW洗顔でしっかり皮脂をとる。

 

これらのことで、ニキビの発生率を減らすことがです。

ニキビの主な原因は以下3つです。

@ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは男性ホルモンの量を増加させ、皮脂分泌を過剰にします。思春期は多く分泌されることで皮脂量が増えやすく、皮脂が過剰になりやすいです。過剰な皮脂によって毛穴がつまり、そこにアクネ菌が増え、炎症が起こり、赤み、かゆみなどが発生します。疲れ、ストレス、睡眠不足などはホルモンバランスの乱れに繋がります。ホルモンバランスは漢方薬で整えることもできます。 ニキビ用の漢方薬として、桂枝茯苓丸加ヨクイニンがあります。

A食生活の乱れ、必要な栄養素の不足

甘い物、コンビニ食、ファーストフード、清涼飲料水などは脂肪分や糖分を過剰に摂取するので、血液中に脂肪分がたまりやすくなり、皮脂の材料になります。 また油分、糖分の多い食事は胃腸機能の低下、腸内環境の乱れに直結します。 特に腸は肌と繋がりが深く、働きが乱れることで肌にも影響がでやすくなります。 そのため腸の乳酸菌やビフィズス菌などの腸内環境を整える必要があります。腸やお肌に優しい栄養素がお勧めです。代表的なものはスピルリナです。

B変なスキンケア

ニキビができるあまり、隠してしまおうと厚めのファンデーションを塗ったりすると 逆効果です。ニキビはアクネ菌の繁殖の仕業と考えると脂分が多く、毛穴をふさぐことは返って悪化の要因になります。

 

病院でのニキビ治療

 

ニキビの薬は大きく分けて次の2種類に分別されます。

  • 肌に直接塗る外用薬(塗り薬)
  • 抗生物質の軟膏、ピーリングの軟膏が主です。

  • 薬を飲んで中からニキビを改善する内服薬(飲み薬)
  • 抗生物質とビタミン剤が普通使われます。

 

他保険適用外の治療もあり、ケミカルピーリング、レーザー治療、光治療、イオン導入などがあります。

 

 アクネ菌を殺す抗生物質の内服の多用は、腸内環境を乱す恐れがあり、かえってニキビが出来やすくなる可能性があります。

つまり今できているニキビに対しては治療できるのですが、今後2度とニキビで悩みたくない方にとっては、根本的に体質を見直すべきでしょう。

 

 

ニキビに効果的な漢方薬の紹介


 

化膿したニキビの漢方薬 ワグラスD

膿を排出し、患部の腫れを改善します。

【効能・効果】
化膿性疾患(フルンケル、カルブンケル、腫物、るいれき、リンパ腺炎、蓄膿症、歯槽膿漏、中耳炎、乳腺炎)の改善又は回復促進。

 

 

ニキビになりやすく炎症を起こしやすい肌が弱い人の漢方薬 アクトマン

皮膚の炎症を鎮める働きのあるのがアクトマンです。

【効能・効果】

アレルギー性体質のものの次の諸症:にきび、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、皮膚そう痒症

 

 

生理前後にニキビができやすい女性の場合には
血行の乱れから起こる女性の種々の苦情を改善する漢方薬 エッキ錠

【効能・効果】

更年期障害、血の道症、月経不順、冷え性及びそれらに随伴する次の諸症状: 月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘、むくみ

 

他にもニキビの状況に応じていろいろこうしたらいいという課題もあります。 ご体調によって服用する漢方薬も変わってまいります。

病院でなかなか治らないニキビ、吹き出物で悩んでいる方は 下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

 

ニキビの治療法のまとめ

 

ニキビ対策は肌を清潔に保っていただくこと、肌にあったスキンケア、紫外線対策、

脂肪分や糖分が少なめのバランスの良いお食事、質の良い睡眠、血行不良の改善、

下痢便秘など腸内環境の改善が重要です。

赤みや痛みなど症状がかなり強い場合は、まずは皮膚科での受診をおすすめいたします。

慢性化してしまい、皮膚科にいってもなかなかよくならない、生活習慣、お食事などに気を付けても改善しない場合は漢方薬をとりいれられるのも一つの手段と考えます。

 

スキンケアには、様々なコツがありますので、問合せをくださった方にはお伝え出来る事と思います。ポイントはニキビの常在菌のバランスをどう整えるか?です。

【患者様の声・症例を無料配布中】

ご希望の方へ、弊社会社紹介及び、患者様より頂いた声や症例をまとめた資料を無料配布しております。まずは資料ご覧くださいませ。

 

 

ニキビのご相談

 


逆流性食道炎の漢方相談【電話無料相談】
逆流性食道炎の漢方相談【メール無料相談】
逆流性食道炎の漢方相談【無料相談】

 

 

メールでご相談

メール相談
お名前
フリガナ
メールアドレス
年齢
性別 男性  女性
ニキビの状態(赤く腫れている、
デコボコな状態…等)
過去に大きな病歴、
持病があればご記入下さい。
ニキビに 関する
ご相談・ご質問をどうぞ

個人情報保護について

お電話でのご相談

 

直接会ってご相談頂く方法(要TEL予約)

 

来店の相談


自然のココロ それが漢方 相談堂
住所:福岡県北九州市小倉北区室町2‐11‐19 有豊ビル2F (地図)
ご予約 TEL:0120-589-314

 

 

記事監修:薬剤師 中尾典義

薬剤師免許取得。吉富製薬鞄結梃、究所研究員として従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業(薬局)を継ぎ榎屋相談薬舗叶ン立。現在では元NPO日本抗老化医学会実践指導士、(社)日本漢方連盟 漢方委員、ミスユニバースジャパン鹿児島認定漢方講師など多方面で活躍。

戻る このページのトップへ
昨日の新規ご相談件数

non object

今 までの新規ご相談累計数

non object




■ 相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

北九州市JR西小倉駅から1分の駅前です。相談堂で様々な健康回復相談ができます。まずはお電話でご予約ください。

【ご相談は要予約制】

医薬品販売許可 
許可番号 第60273号
 


北九州市小倉北区
室町2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号 0120-589-314

■Fax番号 093-563-6633


受付は10時より

福岡オフィスは、漢方薬舗でなく、コワーキングスペースにデスクを間借りしています。ここは代表 薬剤師の中尾が完全予約の上、有料で難病の回復相談が可能です。

ご相談は1時間が目安です。

福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階 OnRAMP(オンランプ)内

福岡オフィスへご来店をご希望の方はこちらを御覧ください。

福岡オフィス詳細はこちら


【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/0120-589-314



≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいま せ。

福岡オフィス 詳細はこちら

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年福岡県行橋市に相談薬局として開局。北九州地区一番の老舗漢方相談薬舗です。温かいスタッフと丁寧な説明をします。

・癌や腹水など病の回復に
・婦人病や不妊症など
・漢方ダイエット相談
・様々なお肌のトラブル
・神経痛や様々な痛みに
・訪問看護

医薬品販売許可 
許可番号 第13500017号

 

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
榎屋さんの和漢さぷり公式通販サイト
ペットの病気と漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,