漢方と病気や健康の相談なら実績いちばんの相談堂へ

メニュー

逆流性食道炎を自宅で治す漢方薬をご提案

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法

病気(疾患)の原因や症状。治療や漢方、薬のこと、つらい悩みを専門家に相談してみませんか?相談堂は、溢れる情報の中で悩む患者さんのアドバイスをする漢方の相談専門家グループです。

胃酸を抑える薬を飲んでいるのに、なかなか逆流性食道炎が治らない方へ…人それぞれ違う症状とその根本の原因から見る治し方を胃腸専門医とも提携する漢方薬剤師が解説致します。

きっとお役に立てるかと思いますので、逆流性食道炎でお悩みの方は一度ご覧くださいませ。相談費用は無料です。漢方は病状・予算に応じて対応できます。

 

 

 

 


相談堂 代表 薬剤師 中尾典義

岡山大学薬学部製薬学科卒業
岡山大学大学院 合成薬品製造学教室 修士課程修了
吉富製薬(現在 田辺三菱製薬)東京研究所の創薬部門の研究員として従事
多発性硬化症治療薬 イムセラの創薬研究を行う
退職後、漢方調剤薬局、大手病院の薬剤師を経て、独立
榎屋相談薬舗株式会社の代表 薬剤師となる。
漢方プロ歴22年
現代医療と東洋医学を 組み合わせ、人間の健康回復をいかに早く楽に行うかを行っている。

 

 

逆流性食道炎の症状について ・・・患者さまの実情

 

  • 酸っぱいものが喉を上がってくる
  • 就寝時に胃酸が逆流してきて眠れない
  • 口の中が常に苦い、酸っぱい
  • 胸やけがする、胸のあたりが痛む
  • バレット食道(※)になっていると言われた
  • 吐き気がして気持ち悪い(空腹時は特に気持ち悪い)
  • 飲み込んた際に、胸のつかえを感じる

逆流性食道炎は、胃の入り口と食道にある筋肉が緩んでしまうことにより、胃酸など胃の内容物が食道のほうに逆流を起こす病気です。食道の粘膜が胃酸によって傷つけられることで、胸〜喉〜口の中にかけて痛みや違和感が出るので上記のような症状が起きます。

※バレット食道

食道の粘膜が胃酸により炎症を繰り返すことで、胃粘膜と似た細胞に置き換わってしまう症状。細胞の変性が起きやすくなっているため、食道がんの原因の一つとも言われています。

 

 

逆流性食道炎の原因・・・なかなか改善しない理由

 

まず挙げられるのが胃酸の過剰分泌です。食生活の欧米化によって肉や脂っこい食事が多くなり、食事の量も増えてくると胃が消化のため活動が活発になりすぎるため、胃酸の過剰分泌を招きます。それで過剰になった胃液が逆流してくるのです。

そのために疲れた胃を整えてあげる必要があります。

もう1つの逆流性食道炎が起こる原因は、食べ物が体内へ送られるときに食べ物を包み込むようにぜん動運動を行って胃へ運ぶ筋肉の力の低下が原因です。

普段から閉じていて食べ物が送られるときにのみ少し開くだけという食道ですが、逆流性食道炎が起こるのはこの食道の筋肉が緩んで開いたり、胃液の量が増えすぎて逆流してしまうことで起こります。

 

 

逆流性食道炎の病院での治療

 

現在、病院での標準的治療法は主に以下の3つです。

<胃酸分泌抑制剤(H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害剤:PPI)>

 胃酸の分泌を抑えます。

 例:オメプラゾール、パリエット、ネキシウム、タケキャブ、ガスター 等

<制酸剤>

胃酸を中和して刺激を軽減します。

例:炭酸水素ナトリウム(重曹)、酸化マグネシウム 等

<消化管運動機能改善剤>

副交感神経の働きを高め、胃腸の消化機能を助けます。  

例:ガスモチン、アコファイド 等

実は胃を元気にしていくものではありません。

そのためずっと治療薬を飲むという事になります。

 

 

逆流性食道炎によく効く漢方薬の紹介

 


はらはら薬翁丸は、症状を抑えつつ、根本からの体質改善を目的として、長期的な服用がおすすめの商品です。

逆流性食道炎の場合、疲れた胃を元気にしつつ、胃酸によってただれた胃粘膜や食道炎などの炎症を鎮めていく必要があります。

 

黄柏(オウバク)などの抗炎症の生薬とともに、健胃成分が入っているため、日常よくおこる、胃もたれ、食べすぎ、飲み過ぎ、消化不良、胸やけ、胃痛などを改善することが期待されます。

また、弱った胃腸の働きを活発にし、食欲や消化力を回復させることも期待されます。

 

 

 

 

平胃散〔ヘイイサン〕をベースに作られた、エスマーゲン・エスマーゲン錠は、制酸剤も入っているため、 即効性が期待でき、一時的に症状を抑えたい方へおすすめの商品です。

 

頓服として服用される方もいらっしゃいます。健胃・制酸の効果を中心に、胃腸へ働くよう考えられた生薬配合の総合胃腸薬で、牛胆(ギュウタン)という生薬が含まれており、逆流性食道炎に有効であるという特許をとっています。【特許の内容はこちら】

ご家庭に常備薬として置いておくことで、急な症状にも便利です。

 

 

 

 

 

上記の「はらはら」と「エスマーゲン」を一緒にとることで、より良い改善が促されます。

この2つ漢方薬は、ファーストチョイスとしておすすめです。

ただし、症状の改善状況によっても変わってきますので、症状の変化をみながら一度当薬舗ご相談をされて下さい。 また、病院から処方されたお薬や漢方薬、市販薬を服用中の方は、事前にご相談ください。

 

 

 

逆流性食道炎の治療法のまとめ

 

いかがでしたか?最後に、基本的な治し方の流れをまとめておきます。

@食事の内容、ストレスの状態、姿勢などを少しずつ意識する

A適切な薬を選んで胃酸と胃の働き方のバランスをとる

生きていくためには食事をとる必要があり、家族、友人、知人とのコミュニケーション、楽しみ、喜びでもあります。お食事のたびに、胃痛や胸やけがずっと気になるのは誰でも嫌ですよね。
胃酸を抑える薬を長く飲んでも治らない…という方には、漢方により体質改善という選択肢もあります。自分の症状や状況に応じて、考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

患者様の声や症例を、メールにて配布しております。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
私たちでよろしかったらお力になれると思います。ぜひ一度ご相談されてみてください。

 

 

逆流性食道炎のご相談


逆流性食道炎の漢方相談【電話無料相談】
逆流性食道炎の漢方相談【メール無料相談】
逆流性食道炎の漢方相談【無料相談】

 

個人情報保護について


 

メールでのご相談はこちら

漢方相談

※ご返信目安:約3営業日以内

 

お電話でのご相談はこちら

 

 

■直接会ってご相談頂く方法(要TEL予約制)

来店の相談

榎屋相談薬舗
住所:福岡県行橋市行事4-19-7
来店ご予約 TEL:0120-589-314

 

 

記事監修:薬剤師 中尾典義

薬剤師免許取得。吉富製薬鞄結梃、究所研究員として従事。その後、病院の薬剤師として臨床経験を積む。1995年家業(薬局)を継ぎ榎屋相談薬舗叶ン立。現在では元NPO日本抗老化医学会実践指導士、(社)日本漢方連盟 漢方委員、ミスユニバースジャパン鹿児島認定漢方講師など多方面で活躍。





■ 相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

 



 

榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年福岡県行橋市に相談薬局として開局。北九州地区一番の老舗漢方相談薬舗です。温かいスタッフと丁寧な説明をします。

・癌や腹水など病の回復に
・婦人病や不妊症など
・漢方ダイエット相談
・様々なお肌のトラブル
・神経痛や様々な痛みに
・訪問看護

医薬品販売許可 
許可番号 第13500017号

 

行橋市行事4-19-7

10:00〜18:00
店休日/日曜日

公式サイト

相談堂の提携医
ペットの病気と漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved.,