蓄膿症における改善・治療・薬・漢方の相談サイト

漢方の相談堂相談堂が出来ることスタッフの紹介相談員の理念漢方のお客様の声相談堂の漢方利用方法
蓄膿症

蓄膿症だった薬剤師からのメッセージ

「いつも元気ですね!」薬剤師になって20年。お会いする方に言われる言葉です。しかし、昔からこんな風に元気にハツラツと過ごしてきたわけではありません。私は幼少期から偏食、虚弱体質で中学生になっても蓄膿症や花粉症などのアレルギーで鼻水をズルズル言わせていました。「ハクション大魔王」などのあだ名を付けられていたのが記憶に残っています。

鼻水や鼻づまりと格闘している私に「うるさい」や「静かにしろ」という言葉を浴びせられたこともありました。今では鼻かみティッシュや点鼻薬とは無縁の生活を送っていますが、実は蓄膿症に悩む少年だったのです。

蓄膿症の私にはいつもこんな悩みが

  • ネバーッとした鼻水が出て、頬骨の辺りが痛み、のどがヒリヒリ
  • 鼻づまりで口呼吸になり、頭がボーっとして集中力がない
  • 鼻をかみすぎて鼻周辺の皮膚がカサカサに
  • 疲れやすく、勉強の能率が落ちる
  • いつも倦怠感があり、気分がすぐれない、学校に行きたくない
  • 鼻水が止まらず、気になって眠れない
  • 鼻声で人と会話するときに気になる
  • 食事の味が分からず匂いに鈍感
  • 静かな空間でのクシャミ、鼻をかむ音で注目を浴びてしまう

「鼻で呼吸してみたい!」と切実に願っていました。 抗アレルギー剤、抗ヒスタミン薬など症状を抑えるだけで、つまった感じはとれずに眠気がするばかり。どうしたら完全に良くなるのか?そしてある方から 「病院で処方してもらっている薬では症状を抑えるだけで蓄膿症は治らない」 と言われました。 しかし、その後、私を蓄膿症から解放するヒントを知ることができたのです。
 
それは、体力(免疫力、抵抗力)がある人は、蓄膿症になりにくい、蓄膿症になっても治りやすいということです。
 

蓄膿症は体質から改善する必要があったのです!

そこで甘いものを控え、野菜中心の食生活に変えました。そして、病院で処方された薬ではなく、漢方薬を取り入れ、身体を温めるように努めました(炎症が強い場合は温め過ぎない) 結論を言えば『蓄膿症が治りやすい体質、蓄膿症になりにくい体質』に改善すれば、蓄膿症から開放されるのです。

蓄膿症から開放された私は別の自分に出会ったような気分でした。 頭も冴え、映画館の2時間も辛くなく、静かな空間も怖くなくなりました。 根本から治療することで蓄膿症や鼻のアレルギー疾患は解決できるのです。ご自分で治療を始める前に、「蓄膿症」を知っておく必要があります。

では、蓄膿症とはどういった症状なのでしょうか?

「蓄膿症」はどんな症状か?

蓄膿症の一般的な症状

  • 鼻水がドロドロして黄色い
  • 痰(たん)のようなものが、鼻または口から出る
  • 呼吸がしづらい、口での呼吸
  • 食事の味が分からない。美味しく食べれない。周りの匂いも分からない
  • ドロ〜っとしたものが、鼻の奥やノドのあたり(喉と鼻の境目あたり)に溜まっている感覚がする
  • 顔に痛みがあり(顔面痛) 、歯茎や頬が痛む。耳の方に炎症が広がると中耳炎に
  • なんとも言いがたいクサ〜い臭いがする (家族や身近な人から指摘される)
  • 鼻の症状がきになって眠れない。睡眠不足。

蓄膿症は正式には、「慢性副鼻腔(まんせいふくびくう)炎」と言われています。
副鼻腔は、鼻の周囲の4つの骨にある空洞のことで、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つの副鼻腔があります。

この副鼻腔がふさがると、内部の圧力が下がり、副鼻腔に分泌液が溜まります。そして副鼻腔がふさがっている状態(=分泌液が排出されない状態)がつづくと、細菌が増殖し、炎症が起こります。これが【蓄膿症】です。ウイルス感染による風邪や、アレルギーによる粘膜の腫れ、慢性鼻炎が悪化すると、蓄膿症になってしまう可能性もあります。

蓄膿症の原因

蓄膿症のお客様から 「蓄膿症は治るんですか?」とよくご質問があります。なぜ蓄膿症は長引き、治りづらいと思われているのでしょうか。 東洋医学の視点で言えることは、表面にあらわれる症状に気を取られ、なぜ蓄膿症になったのか?なぜ 症状が悪化するのか?という身体から発せられるSOSを見落としているだけかもしれません。

東洋医学で見る症状の根本な原因

  1. 蓄膿症になりやすい体質になっている。先天的に鼻が弱い。
  2. 野菜不足、甘いもの、肉類の多食、偏食など食生活が悪い。
  3. 虚弱体質で免疫力が弱い。風邪を引きやすく、ノドが弱い。
  4. 血行が悪く、冷え症で、鼻水、むくみ、肥満等、水分代謝が悪い。
  5. 姿勢が悪く、猫背、疲れやすい。
  6. 漢方でいうところの“気”が落ち、癇癪(かんしゃく)等があり落ち着かない性格

蓄膿症を「漢方」で改善しよう

漢方療法は、その根本的な部分にアプローチし、血液や免疫など、健康な体を作る上で欠かせない土台を整え、 体質改善へと導きます。症状を抑え、繰り返すだけの現代治療ではなく、症状を抑えつつも根本の体質を改善するのです。蓄膿症の症状を改善しつつ、漢方薬(状況によってはサプリメント)で、根本の体質を改善し、楽に生活ができるようにしていくのです。

漢方でのアプローチ

@ 症状の改善
→抗アレルギー漢方により、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、息苦しい、頭がぼーっとする。
など水分代謝が悪い鼻の症状が緩和させます。

A 新陳代謝・免疫を底上げする
→新陳代謝が上がると、体力がつき身体が丈夫に。免疫が上がることで、細菌を追い出す力もつきます。
蓄膿症の化膿を防ぎ、悪化させません。

B 毒素(膿)を排出しやすくする
→@の水分代謝改善の効果も相まって、血行も促進し、スムーズに身体の毒素が排出します。

漢方のメリット

  • 抗生物質を飲まなく済むので、胃痛や下痢などの副作用が少ない。
  • 抗アレルギー剤のような口の渇き、眠気やだるさが少なく、身体にやさしい。
  • 飲みやすい錠剤やカプセル剤中心もあり、とてもお手軽です。
  • 体質改善の漢方との組合せで相乗効果も期待できます。
  • 服用時間を厳密に気にしなくても大丈夫。食間の気がついた時でもOKです。
  • 鼻科での治療や薬との併用もOK (その場合は相談してくださいね)
  • 手間や無駄な出費と時間がかからない。
  • アレルギー性鼻炎・花粉症などの症状を併発している方は一緒に改善できるので、一石二鳥
     

蓄膿症の漢方−3つのタイプからご提案

3つのご提案を基本に、一人ひとりの体質に合わせた蓄膿症の漢方薬をご紹介しております。また、お客様の症状、体質、生活習慣、年齢等に合わせた対策をご提案しております。

どれも漢方で内側から働きかけますが、一番オススメなのは『 2.体質改善重視タイプ 』です。
身体にやさしい漢方で症状を抑えつつ、体質改善のための対策が比較的手軽につづけていけるからです。 また、滲出性中耳炎・中耳炎などを併発している方も、2の体質改善重視タイプがおすすめです。
(授乳中、子ども用の漢方もご提案できますのでご安心ください。)
 

蓄膿症の相談スタッフより

鼻炎・蓄膿症を担当させていただいている相談堂医薬品登録販売士重村真理です。蓄膿症の方は頭痛がすることも多く、精神的にも憂鬱な気分になったりイライラしてしまったり・・。頭が重く、体がだるく、顔が熱を持ったようにぼーっとしていて、風邪になったような感じだったり・・・。

また風邪を引いた場合は悲惨で、風邪に してはひど過ぎると思われる重い症状が鼻に出るようになることもありますよね。

また、喉の調子も悪くなったり、ひどくなると歯の方まで痛く感じるようになったりすることもあります。膿が副鼻腔に溜まると、目が痛かったり、1日中顔に痛みがあったり・・・蓄膿症の辛さは、蓄膿症を持ってる人しか分からないと思います。今まで多くの方の相談を受け、様々な症例をみてきました。

相談堂では、単にひとりひとりの症状だけにあった薬を提案するのではなく、「ひとり」を大切にしている相談堂だからご提案できる漢方があります。

耳鼻科で処方される薬は、炎症などの症状を抑えるものであって、根本から蓄膿症を改善するものではありませんもよね。治す手立てが途絶えてしまいがちです。その点、漢方を利用することには、根本から治すということで意味があります。

長年、蓄膿症で悩まされてきた人で、「漢方で治った!」という人はたくさんいらっしゃいます。ですので、ぜひ相談してみてほしいと思っています。

蓄膿症の症例

 

■埼玉県にお住まいのMさん(49歳・男性) 

○ご相談されたときの症状・状態
2〜3年前から蓄膿症(副鼻腔炎)で、目の奥と頭全体の痛みでお辛い様子。
鼻づまりはなく、鼻を噛んでも鼻から出ない、頭痛を感じることが多く、重たい感じ。
点鼻薬を使用していて、耳鼻科にも通院されている。

○ご提案及び漢方のアドバイス (病院でのお薬と併用しながら)
身体の機能を高める漢方薬 1つ/炎症冷ますの漢方薬 1つ

○改善期間:5ヶ月

○変化が見られ始めた時期:10日目

○お客様の変化
痛みがなくなりました。

〇担当スタッフより
早い段階で、症状がいい方向へ向かっていることを実感されましたが、
その後、なかなか良くならず、不安な気持ちを抱えていらっしゃいましたが、
最終的に、症状が改善されました。


■大分県にお住まいのUさん(17歳・女性) 

○ご相談されたときの症状・状態
鼻水、喉の奥に痰が溜まる 鼻づまり。頭痛。手足の先の冷え、冬はしもやけ。
胃痛、ストレスやプレッシャーで腹痛。

○ご提案及び漢方のアドバイス
鼻の炎症を和らげる漢方1つ/体質改善の漢方1つ

○改善期間:4ヶ月

○変化が見られ始めた時期:1ヶ月目

○お客様の変化
辛そうでしたが、症状が緩和して明るいご様子になられました。

〇担当スタッフより
勉強の方にも集中できないこともあるとおっしゃられていたので、無事に鼻の辛い症状が緩和されて良かったです。そのほかにも冷えやストレスを抱えていらっしゃいましたので、鼻の症状がぶり返さないためにも体質改善の漢方薬をご提案しました。

『相談堂』に寄せられた声

蓄膿症と鼻茸のKさま 高知県 女性

高知県のKです。 4月に送っていただいた、蓄膿症の漢方のおかげか、娘の蓄膿症も少しよくなり、夏に「手術をしなくてもいい」と言われました。本当にありがとうございました。 さてこれから、どのように漢方薬を飲めばいいのでしょうか?現在、鼻茸は小さくなり、蓄膿の方は、レントゲンでは膿が少なくなっているようです。
しかし、まだ蓄膿の膿はあり、鼻水、鼻つまりは時々、忘れかけた頃、症状が出ます。花粉症の時期よりは、ずっと楽なようです。

蓄膿症と後鼻漏のTさま 鹿児島県 男性

鼻水、痰などの症状はほとんど気にならなくなりました。
匂いは時折感じられるときがでてきており感激しています。食事もおいしくなった。

蓄膿症のNさま 長野県 女性

症状の方ですが、おかげさまで頭痛、鼻痛、めまい等は収まっています。
ただ時々今度は抜いた親しらずの歯茎のあたりが少しズキズキするようになりました。(特に飲酒の翌日や、睡眠不足時など) 頭のぼうっと感が前より減って車の運転が落ち着いてできるようになりました。
ただ以前も症状にかなりの波がありましたので、もうしばらく状態を見たいと思っています。

蓄膿症のAさま 神奈川県 女性

先月、蓄膿症の改善のご相談をさせていただいた横浜のAです。
おかげさまで、鼻水の症状は大分良くなり、殆ど出なくなりました。鼻とのどの間にたまるものも、小さくなってきた気がします。あと、自分で気付いていなかっただけで、鼻も片方ですが、常に詰まっていたんだな、と鼻が通って初めて気付きました(笑)

蓄膿症のIさま 兵庫県 女性

先日より、漢方薬でお世話になっておりますが、9月13日に病院で「症状がなくなっている。本日で打ち切りましょう!また何かありましたら来て下さい。」 と言われました。正直びっくりしておりますが、又ぶり返すのではと不安です。お薬は今のままでいいでしょうか?

費用はどれくらいかかるの?

漢方を初めてみようかなとお考えの方でご質問に多いのが、漢方のお値段。
 
漢方薬の価格の目安は、症状等がひとそれぞれ異なりますので、一概には言えませんが
おおよそ15才以上で1ヶ月分 約8000円〜が目安になると思います。
※15才未満は、服用量が少ないので上記価格の1/2〜2/3が目安です。
 
品質・効果・価格のバランスを考えたご提案を心がけていますのでご安心下さい。
漢方は、ある程度つづけていくことで自己治癒力を上げ、体質を改善していくといわれています。
体質改善ができれば、快適な生活ができ、蓄膿症の人にありがちな、口で息をしたり、頭痛やイヤ〜な臭いなどに悩まされたりせずに済みます。
蓄膿症以外の事で、健康に関するお悩みや、治療に関するご心配がありましたら伝えください。
 
腹膜炎・肝硬変・肝臓癌の漢方相談【ご相談無料】

『相談堂』4つの特徴

個人情報保護について

メールで漢方相談

漢方相談

以下をご記入下さい。*印は必須)

*お名前:
*メール
アドレス:
【半角で入力】
入力ミスがありますと、メールが届きません!
注)携帯アドレスには返信できない事があります。
*年齢: 6才以下のお子様のご相談は電話のみになります
*身長: センチ
*体重: キロ
 
■1.性別 男性   女性
■2.女性のみお答え下さい。
▼男性は次の質問3へ

現在妊娠中   妊娠はしていないが検討中
妊娠も授乳もしていない   授乳中
■3.漢方薬の相談をしたい鼻の病名や症状は?(★複数選択可)

蓄膿症(副鼻くう炎)   慢性鼻炎  
アレルギー性鼻炎(花粉症)
後鼻漏   鼻茸  病名はわからないが鼻に不快感
■4.鼻づまりがありますか?

鼻がつまる 鼻はつまらない
■5.鼻水は出ますか?

鼻をかむと出る 鼻をかんでも出ない 自然に垂れる
■6.鼻水の色は?

黄色っぽい 白色 無色透明
■7.鼻水の質は?

ネバネバしている サラサラしている 鼻水は出ない
■8.鼻水がノドに流れますか?

ノドに流れる いいえ
■9.鼻水が痰(タン)の様にノドと鼻腔の間に貼り付きますか?

貼り付く いいえ
■10.胃腸に不快感がありますか?

不快感がある いいえ
■11.鼻や口からクサイ臭いを感じることがありますか?

感じることがある いいえ
■12.鼻血が出ていますか?

鼻血が出ている いいえ
■13.頭痛または顔面痛を感じることがありますか?

感じることがある いいえ
■14.今現在、喘息がありますか?

喘息です いいえ
■15.現在、点鼻薬を使用していますか?

点鼻薬使用中 いいえ
■16.タバコを吸いますか?

タバコを吸います 吸わない
■17.冷え性ですか?

冷え性です いいえ
   
■18.使用中のお薬はありますか?
【名称がわからなければ、○○病の薬等わかる範囲でお答え下さい。】:

■19.その他の持病、過去に大きな病歴があればご記入ください。:

■20.鼻に関して、
上記でチェックした以外の症状や体質があればご記入ください。:

←入力が終了後※印のみを消し[確認]ボタンをクリック


電話で漢方相談

直接会ってご相談頂く方法(要TEL予約制)

来店の相談

自然のココロ それが漢方 相談堂
住所:福岡県北九州市小倉北区室町2‐11‐19 有豊ビル2F (地図)
ご予約 TEL:093-563-6600

昨日の新規ご相談件数

non object

今までの新規ご相談累計数

non object

相談堂の様子が見れます
新しいウインドウで大きい動画を見る



■相談業務のお休み  
※メール相談は24時間受付

サロンにて漢方相談をお受けしております。JR西小倉駅から1分、リバーウォーク北九州から3分。
北九州市小倉北区
室町 2-11-19有豊ビル2F


【サロンでのご相談は完全予約制】
■Tel番号/093-563-6600

受付は10時より
福岡オフィスでは、代表・薬剤師の中尾が、ガン、腎臓病、肝臓病専門の漢方相談をお受けしております。福岡市天神・JR博多駅からバスで10分、高砂バス停で下車徒歩5分

福岡市中央区高砂2-4-2 トライアルビル8Fラグズ

【ご相談は完全予約制】
■予約Tel/093-563-6600

≪予約時の注意≫
福岡オフィスでのご予約は、必ず「福岡で相談」とお伝え下さいませ。


福岡予約10時より
榎屋相談薬舗

榎屋相談薬舗
明治40年小さな町に一軒だけの薬局として開局。現在は四代目が継ぎ、地域の方々の健康を見守り続けております。

行橋市行事4-19-7



PCサイト

■携帯サイト

http://www.enokiya.mobi/

ペットの病気と漢方相談 癌の漢方相談
SSL グローバルサインのサイトシール
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
SSLとは?
Copyright (c) 2004-2013 Enokiyasoudanyakuho, co, LTD.. All Rights Reserved. ,